english

ここから本文エリア

  • 閲覧上のご注意

長崎の声

川道豊さん 胎内被爆(稲佐)
埼玉県三芳町8040

写真撮影:松本栄一
被爆地の光景を紹介しています。写真はメッセージと直接関連はありません。
 被爆60年に当り、一つ提案(要望)をしたいと思います。
 不幸にして地球上で唯一、戦争に於ける被爆体験国で有ります。そして被爆した人に補 償しています。この事実は地球上どんな大国でも経験した事の無い真実であります。それ なのに国はなぜもっと積極的に被爆国として核兵器に対しての廃絶運動を国を挙げてアピ ールしないのか!

 原子力平和利用事故に対する、研究、治療を世界に先駆けてアピールできないのか!
 国を挙げて、地球上で被爆した人は全て、治療できる位の規模の研究機関を建て運営すべき だと思います。そうする事が、被爆国日本として世界に対するアピール度も上ると思います。
 是非、実現できる運動を起こして欲しい。
(2005年)

 提案が只の提案ではなく是非現実に向った提案であってほしいものです。(被爆による人体への影響は未知であります。
 何世代後に出ないとは限りません。それがどんな形で影響するのか、癌としてか奇形としてか……全然なんとも ないものなのか、子供、孫、曾孫にと心配は尽ません…是非、研究機関がほしい!)
(2010年追記)