english

ここから本文エリア

  • 閲覧上のご注意

長崎の声

女性 胎内被爆
2128

写真撮影:松本栄一
被爆地の光景を紹介しています。写真はメッセージと直接関連はありません。
 (1)核のない地球に。
 (2)人間が人間であることを忘れずすべての生物を滅ぼさないこと願い、戦争のない 世界を望むこと知らせたい。
 (3)全世界に戦争がない、戦わない、武器を使用しない、作らないこと願うことを次世代の 人に伝えたい。
 (4)原爆で亡くなった方々どうぞ心から眠られますこと祈り願い手を合わせます。(被爆 者だから理解出来るから)
 (5)今もなお原爆とたたかっていらっしゃる方々、私なりに表面的に行動は十分ではないと 思うが心の中、何かと少しでも役に立てるよう力つくして後世を平和に人類が生き る喜びのある世界にすること、私なりにして行きたいと思っています。二度と同じ苦 しみ悲惨さを味わわない世界に原爆を語りつぐこと。
 現状の世界の動き。人類、地球が滅びる、こんな世の中に生きたくない。本当の心 の中は早く死にたい現在です。生きる喜び感じない。こんな肉体で長生きしたくな い。

  *福田須磨子さんに暑い夏の日、身体が痛うてだるそうだったので手助けしようと思っ てケロイドの右うでをちっとさわった時、"痛い"と声をハッセられた時、今でもあの時の 声としぐさが忘れられない。私の頭の中と肉体に永久に残っていくことを今だに感じてい る。
(2005年)