english

ここから本文エリア

紙面から from Asahi Shimbun

【「核なき世界は不可能でない」 潘・国連総長、早大で講演】 (2010年8月4日 夕刊)

 日本を訪問中の潘基文(パンギムン)・国連事務総長は4日、早稲田大学で「平和と軍縮」をテーマに講演し、「核なき世界」の実現について「確かに難しいが、不可能ではない」と核軍縮の重要性を強調した。
 潘氏は「人類史上最も恐ろしいことを繰り返すなと訴える人びとの声に加わるために日本に来た」と述べ、日本の若者には「被爆者らの証言は核の脅威に対する最も明確な証言だ。世界は広島と長崎の記憶を引き継ぐためにあなたたち日本の若者を必要としている」と、原爆の惨禍や被爆者の苦しみを語り継ぐことの重要性を訴えた。
 潘氏は6日、広島での平和記念式に国連事務総長として初めて参列する予定。

《2010年の夏・その他》 その他の記事一覧