english

ここから本文エリア

紙面から from Asahi Shimbun

【核NO、世界の若者が 長崎原爆の日】 (2010年8月9日 夕刊【西部】)

 長崎原爆の日の9日に長崎市で開かれた平和祈念式典には、海外からも若者が参列した。世界が核廃絶に向けて少しずつ歩み始めた今、被爆地で何を考え、感じたのか。


 ●記録映像、50時間超 米の22歳2人
 式典会場で、米国東部のコルゲート大を5月に卒業したアレックス・スクリャールさん(22)とキャロリナ・メンスブルクさん(22)がビデオカメラを構えていた。米国の市民団体の支援を受け、約40日間かけて長崎の被爆者の記録映像を撮っている。
 メンスブルクさんは昨年、職場体験で長崎を訪れ、被爆語り部の吉田勝二さんに出会ってビデオ撮影を思い立った。ところが、7月2日に来日した時、吉田さんが4月に亡くなったと知らされた。「私たちが話を聞ける時間は残り少ない」と痛感した。
 7月末には、原爆で背中を大やけどした時の写真が長崎原爆資料館に展示されている谷口稜曄(すみてる)さん(81)を取材した。スクリャールさんは、やけど跡は今も手術を繰り返していると聞いて「原爆は65年前の昔話ではない。今も続く事件なのだ」と思った。
 ふたりは言う。「核が人間に何をもたらしたのか、私たち米国の若者も知るべきだ。大事な証言を被爆者が託してくれた」。撮りためた映像は50時間以上に及ぶという。


 ●現場訪れ平和祈る 韓国の17歳
 韓国の「アヒムナ平和学校」の金賢哲(キム・ヒョンチョル)さん(17)はこの朝、爆心地公園の「長崎原爆朝鮮人犠牲者追悼碑」に花を供え、平和を祈った。同校では、2006年から毎年、戦時中に朝鮮半島から日本に強制的に連れて来られ働かされた人たちの足跡を訪ねている。今回は、長崎で原爆に遭った朝鮮人たちを描いた小説「軍艦島」が昨年12月に日本でも出版されたことから、作者の韓水山(ハン・スサン)さんとともに、その舞台を訪ねた。
 韓国では「原爆が植民地からの解放を早めた」という意見があるが、金さんは「日本の敗色は濃厚だったので必要はなかった」と考えている。
 5日には韓国人の潘基文(パン・ギムン)・国連事務総長が長崎を訪問。原爆投下について「いかなる場所でいかなる人間に対しても、決して許してはならないと確信する」と演説した。金さんは核廃絶を願う気持ちを後押しされたように感じた。帰国後、日本で撮ったビデオを学校で上映する予定だ。


 ●廃絶求め署名集め 米の高校生2人
 米ニューヨークの高校生ニック・ウィルソンさん(16)とポーリン・セラウロさん(16)は式典に参列した。
 3年前、セラウロさんの母親が長崎の原爆をテーマにしたアニメ映画「NAGASAKI 1945 アンゼラスの鐘」(有原誠治監督)を見た。
 「ぜひ子どもたちにも見せたい」と、2人が通っていた中学校で上映。ウィルソンさんは「放射能の影響について全く知らなかった」とショックを受け、セラウロさんも「もし自分が被爆したら」と考えた。クラスで核廃絶を訴える手紙を書き、上院議員に送る活動を続けている。
 2人は、有原監督からの誘いで来日し、東京、京都、広島を回って核廃絶を求める署名を集めてきた。
 米国では「原爆投下は正しかった」という考えが根強いといわれるが、今年はルース駐日大使が広島の平和記念式に初めて参列した。
 ウィルソンさんは「米国の人々の考えが変わってきた結果だと思う。将来、『核はいらない』となる」と信じる。
 セラウロさんも「長崎に来て、核廃絶に向けてもっと行動しないといけないという大きな動機づけができた」と話した。

 ○祈り、平和への願い新たに
 長崎市本尾町の浦上天主堂では午前6時から原爆犠牲者を追悼するミサがあった。参列した信徒は約300人。女性たちはレースのついた純白のベールをまとい、幼子を抱いて祈る人もいた=写真、伊藤恵里奈撮影。
 中尾直通司祭は「65年前の今日、ささやかな幸せを感じ穏やかな気持ちで生きていた多くの命が一瞬で奪われました。犠牲となったすべての方に永遠の安息があるように、平和への願いを新たにして祈りましょう」と説いた。
 親類の多くを原爆で亡くしたという松本京子さん(73)は「今でも原爆がなくならない。積極的に平和活動にかかわっていかないといけない」と思いを語った。

《2010年の夏・その他》 その他の記事一覧