english

ここから本文エリア

紙面から from Asahi Shimbun

【2011年の夏】
ヒバク、問い直す夏 松井市長「原発の信、崩れた」 広島原爆66年 (2011年8月6日 夕刊)

 広島は6日、戦後66年の原爆の日を迎えた。広島市中区の平和記念公園で平和記念式があり、約5万人(市発表)が参加。原爆投下の午前8時15分に合わせ、黙?(もくとう)した。東京電力福島第一原発事故後、初めての「8・6」。松井一実市長は平和宣言で、「事故が原発に対する国民の信頼を根底から崩した」と述べ、国にエネルギー政策を早急に見直すよう求めた。
 過去最多の外国代表が集った昨年より8カ国少ない66カ国と欧州連合の代表が集った。原爆を投下した米国は2年連続の参加で、出国中のルース大使に代わりズムワルト臨時代理大使(首席公使)が参列。核兵器保有国では英仏両国とロシア、事実上の核保有国イスラエルも参列した。
 4月に就任した被爆2世の松井市長は、初めて公募した被爆者の声から男女2人の体験を平和宣言の冒頭で引用。「被爆者は核兵器のない世界を願い、毎日を懸命に生き抜いてきた」と思いを代弁した。
 さらに福島原発事故に触れて「放射線の脅威は多くの人々を不安に陥れた」と指摘。「核と人類は共存できない」との立場から脱原発を主張する人々と、原子力管理の厳格化と再生可能エネルギーの活用を訴える人々がいる、としてエネルギー面で具体的な対応策を講じるよう国に求めた。
 菅直人首相もあいさつで原子力の「安全神話」を深く反省するとして、「原発への依存度を引き下げ、『原発に依存しない社会』を目指す」と述べた。
 式では前日までの1年間に亡くなった5785人の氏名が記載された名簿を、松井市長と遺族代表が原爆死没者慰霊碑に納めた。(加戸靖史)

《2011年の夏》 記事一覧