english

ここから本文エリア

紙面から from Asahi Shimbun

【2012年の夏・その他】
ゲンの願い、被災地へ 「踏まれても生きて」 広島・元安川に映写  (2012年8月6日 朝刊)

写真 元安川の水面に浮かび上がった「はだしのゲン」。奥は原爆ドーム=5日午後8時2分、広島市中区、筋野健太撮影

 広島市中区の原爆ドーム前を流れる元安川の水面に5日、漫画家中沢啓治さんの代表作「はだしのゲン」の主人公中岡元の姿が映し出された。水面への映写は9回目。当初は原爆ドームの復元映像だったが、東京電力福島第一原発事故後は、福島県などの被災地に向けた復興の願いを表現。今年は「生きろ 麦のごとく」とのメッセージを添えた。現場を訪れた中沢さんは「制御できない原発はなくすべきだ。被災地の人は踏まれても麦のようにまっすぐ生きてほしい」と話した。
 (倉富竜太)

《2012年の夏・その他》 記事一覧