english

ここから本文エリア

紙面から from Asahi Shimbun

【2013年の夏】
「はだしのゲン」子どもの閲覧制限 松江市教委指示「暴力描写が過激」 (2013年8月17日 朝刊)

広島での被爆体験を描いた、漫画家の故中沢啓治さんの代表作「はだしのゲン」(全10巻)が、昨年12月から松江市内の市立小中学校の図書館で子どもたちが自由に見ることができない閉架の状態になっていることが分かった。市教育委員会が作品中の暴力描写が過激だとして、各校に閲覧の制限を求めた。

 市教委によると、描写が残虐と判断したのは、旧日本軍がアジアの人々の首を切り落としたり、銃剣術の的にしたりする場面。子どもたちが自由に見られる状態で図書館に置くのは不適切として、昨年12月の校長会で全巻を書庫などに納める閉架図書にするよう指示したという。

 現在は貸し出しはしておらず、教員が教材として使うことはできる。市の調査では市立小学校35校、中学校17校のうち、約8割の図書館がはだしのゲンを置いている。

 はだしのゲンをめぐっては昨年、「ありもしない日本軍の蛮行が描かれており、子どもたちに間違った歴史認識を植え付ける」として、小中学校からの作品の撤去を求める陳情が市民から市議会にあった。

 12月の市議会教育民生委員会で審査した結果、「議会が判断することには疑問がある」と全会一致で不採択になった。複数の委員から「大変過激な文章や絵があり、教育委員会の判断で適切な処置をするべきだ」との意見が出たため、市教委があらためて協議し、閉架を決めたという。

 市教委の古川康徳副教育長は「作品自体の価値は高いので撤去するつもりはないが、子どもたちが自由に読むには配慮しなければならない部分がある」と説明している。

 作者の中沢さんの妻ミサヨさん(70)によると、中沢さんは生前、「戦争や原爆を食い止めるためには、子どもにも残酷でもその悲惨さを伝えるしかない。ゲンは子ども向けに描写をやわらげたが、実際の残酷さはあんなもんじゃない」と語っていたという。

 市教委の対応について、ミサヨさんは「信じられないし、悲しい。戦争や原爆の悲惨さや痛みがわかっていないのではないでしょうか」と話した。

 昨年まで広島市教育委員を務め、広島で平和活動に取り組むNPO法人「ANT―Hiroshima」代表の渡部朋子さん(59)は「子どもたちは『困難に負けず強く生きる』という作品の本質を見抜く力を持っている。子どもたちを信じて自由に読ませてあげてほしい」と語った。(藤家秀一、武田肇)

 ◆情報得る権利を侵害
 <日本図書館協会「図書館の自由委員会」の西河内靖泰委員長の話> 「はだしのゲン」で初めて原爆や戦争の悲惨さを知った子どもは数多い。一部の描写が残酷という指摘は以前からあったが、原爆や戦争の実相を伝えるために必要な表現との評価が確立している。こうした作品を閲覧制限するのは、国連で採択された「子どもの権利条約」にある子どもの情報へのアクセス権の侵害にあたり、一部の圧力に屈した印象だ。

《2013年の夏》 記事一覧