english

ここから本文エリア

紙面から from Asahi Shimbun

【2013年の夏】
「はだしのゲン」 制限撤回 閲覧、学校に一任 松江市教委 (2013年8月27日 朝刊)

 原爆や戦争の悲惨さを描いた漫画「はだしのゲン」=キーワード=が松江市立小中学校の図書室で自由に読めなくなっている問題で、市教育委員会は26日、市教委事務局の手続きに不備があったとして、閲覧制限を撤回することを決めた。制限の是非には踏み込まなかったが、結果的に子どもたち一人ひとりが自由に読書する権利が守られることになりそうだ。

 教育委員会会議に参加した教育委員5人の全員一致の結論。学校の自主性に任せることになったため、(自由に読める)開架式にしていた学校では元の運用に戻るとみられる。

 内藤富夫・教育委員長は会見で、学校現場に(許可がないと閲覧ができない)閉架の要請をした市教委事務局の対応について、閲覧制限を決める前に教育委員に相談しなかったなどの事情を挙げ、「要請までの過程で手続きに不備があった」と結論づけた。

 会見に先立つ教育委員会会議では「情報があふれる社会で、一定の制限を加えることは、子どもの知識に偏りが生じる恐れがあり、発達にマイナス」などの意見が出された。

 この問題をめぐっては昨年12月、市教委が「(旧日本軍によるアジアの人々への残虐行為など)作品中の暴力描写が過激」などとして閉架図書にするように市立小中学校の校長会で要請。学校により対応にばらつきがあったため、市教委は1月の校長会で閉架を徹底するよう再び要請していた。

 要請は当時の市教委の事務局レベルの判断で決められ、教育委員会会議に報告されていなかった。

 ■子どもの読む権利、認識欠落
 《解説》閲覧制限の撤回は、松江市教委事務局の手続き上の不備が理由とされた。しかし、社会で高く評価されている作品を子どもたちが自由に読む権利を奪うことは許されるのかという根本的な論点は、触れられないままだった。

 「ゲン」は、中沢啓治さんが被爆体験を基に、戦争と原爆の悲惨さ、人間が力強く生きていく姿を描いた作品。市教委が問題視した旧日本軍の残虐行為などは全10巻の最後のごく一部だ。

 ところが、昨年10月、市教委幹部5人でゲンを通読し、作品の後半に「過激な描写」があることに気づき、「発達段階の子どもの目からその描写をいかにして遠ざけるかしか、考えられなくなった」(前教育長)という。そして、独断で閉架措置にすることが決まった。その過程でも、本を自由に読む権利を奪うことがどれほど重大かという問題意識は欠落していた。

 閲覧制限が撤回されたが、これで解決ではない。子どもたちに悲惨な過去の戦争をどう伝えたらよいのか、議論を深めるべきだ。

 (藤家秀一、武田肇)

 ◆キーワード
 <はだしのゲン> 6歳の時に広島の爆心地から1・3キロで被爆し、父や姉、弟、妹を亡くした体験を基にした漫画家中沢啓治さん(昨年12月に死去)の自伝的作品。単行本は汐文(ちょうぶん)社版など650万部を超すベストセラーとなり、約20カ国語に翻訳されている。

《2013年の夏》 記事一覧