english

ここから本文エリア

紙面から from Asahi Shimbun

2014年の夏

2014年の夏を中心に紙面へ掲載した原爆関連の主な記事です。社会面では「核といのちを考える 遺す」を8月に連載しました。広島・長崎での被爆当時に20歳以上だった被爆者を記者たちが訪ね、核の非人道性に迫る証言を次世代に伝えるためにまとめたものです。さらに、「核兵器は一般的に国際法に違反する」との勧告的意見を1996年に出した国際司法裁判所(ICJ)のベジャウイ元裁判長へのインタビューや、原爆詩朗読を続ける俳優の吉永小百合さんへのインタビューを、総合面や社会面で紹介しました。「核といのち」をテーマにしたその他の記事もご覧下さい。

《2014年の夏》 記事一覧