現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 住まい
  4. asahi.com × IKEA
  5. 記事
asahi.com × IKEA

スタイリッシュで機能的!一人暮らし男子の新しいお部屋づくり

2011年4月5日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:ベッド、デスク、シェルフ、サイドテーブル、必要な家具をシンプルに配置。シンプルながら、スタイリッシュに機能的に使える一人暮らしの男性のための快適なお部屋づくりのヒントをご紹介。拡大ベッド、デスク、シェルフ、サイドテーブル、必要な家具をシンプルに配置。シンプルながら、スタイリッシュに機能的に使える一人暮らしの男性のための快適なお部屋づくりのヒントをご紹介。

写真:TROMSO(トロムスォー)デイベッドを、クッションを置いてソファとして使用。ベッド下にエキストラベッドを収納しておけるので、家族や友人が泊まりに来たときには、サッと引き出して利用できます。拡大TROMSO(トロムスォー)デイベッドを、クッションを置いてソファとして使用。ベッド下にエキストラベッドを収納しておけるので、家族や友人が泊まりに来たときには、サッと引き出して利用できます。

写真:圧迫感のある押入の襖を取り外して、ファブリックカーテンを。ワイヤーバスケットと引き出しで収納システムを構成すれば、たっぷり収納が実現し、洋服が散らかることもありません。拡大圧迫感のある押入の襖を取り外して、ファブリックカーテンを。ワイヤーバスケットと引き出しで収納システムを構成すれば、たっぷり収納が実現し、洋服が散らかることもありません。

写真:収納兼テレビ台として利用しているのは、横置きしたEXPEDIT(エクスペディート)の書棚。ごちゃごちゃ散らかりがちな小物は、書棚にピッタリ収まるKASSETT(カセット)収納ボックスを活用して、隠す収納を。拡大収納兼テレビ台として利用しているのは、横置きしたEXPEDIT(エクスペディート)の書棚。ごちゃごちゃ散らかりがちな小物は、書棚にピッタリ収まるKASSETT(カセット)収納ボックスを活用して、隠す収納を。

写真:コート類は、自立型のワードローブ IKEA PS ワードローブオーガナイザーにかけて収納しておきます。キャスターがついていて簡単に向きが変えられるので便利です。拡大コート類は、自立型のワードローブ IKEA PS ワードローブオーガナイザーにかけて収納しておきます。キャスターがついていて簡単に向きが変えられるので便利です。

 新入生、新社会人が街に溢れるフレッシャーズ・シーズンがやってきました!実家を離れて、憧れのひとり暮らしを始める人も多いのでは?でも、新しい生活に期待する一方、快適で暮らしやすいスペースづくりに悩んでいるという人もいるはず。そこでイケアは、狭い部屋でも気持ち良く過ごせるルーム・コーディネートを提案します。6つのポイントを押さえて、自分だけの快適ワンルームを実現してください!

◆ワンルームコーディネートの6つのポイント

ポイント1:壁を傷つけない工夫

 賃貸物件では、壁に釘を打ったり、フックを取り付けたりできません。そこで、フックやマガジンラック、ハンガーラックなどは家具に取り付けてしまいましょう。

ポイント2:カラーコーディネートで狭い空間をスッキリ

 好きな色をベースカラーに、相性のいい色でまとめると部屋がスッキリ広く見えます。あまりたくさんの色を使うと、ゴチャゴチャしたまとまりのないイメージに。3、4色でコーディネートするのがおすすめです。

ポイント3:押入の使い方を工夫して、収納力アップ

 ひとり暮らしと実家のプライベートルームとの違いは、持ち物すべてを収納しなければいけないこと。そこで、無駄なスペースをつくらない収納アイデアで、押入れを大活用!押入れが機能的な収納システムに、生まれ変わります。

ポイント4:限られたスペースを効率よく使う工夫

 狭い部屋に置ける家具の数は、限られています。複数の機能を持つ家具を選べば、部屋を広く使えます。

ポイント5:照明で遊ぶ

 部屋を素敵に見せるポイントのひとつが照明。個性的なシーリングライトやフロアライトで遊んでみましょう。住んでいる人の個性が際立ちます。

ポイント6:あると便利なエキストラベッド

 家族や友人が泊まることもあるひとり暮らし。そんなときに役立つベッドを選んでおきましょう。

◆システマチックな収納システムでシンプルで機能的なひとり住まいを満喫しよう

 今回、ご紹介するのは男子新大学生が暮らす部屋。6畳の日本間ワンルームで、ビルトインタイプのクローゼットはありません。玄関を入ってすぐのキッチンで料理するとき以外は、ほとんどの時間を部屋で過ごすという設定です。

 ブルーをベースカラーにした男子大学生の部屋は、ベッド、デスク、シェルフ、サイドテーブルというシンプルな構成。

 TROMSO(トロムスォー)デイベッドは、普段はソファとして使用。クッションを置けば、ゆっくりテレビを見ることもできます。注目はベッド下にピッタリ収まるエキストラベッド。家族や友人が泊まりに来たときには、サッと引き出して利用できます。奥のフロアライトJONISK(ヨーニスク)は、上に座ることもできるので、友達が大勢来たときにはエキストラチェアとしても使えます。

 押入れの襖は取り外して、ファブリックカーテンを吊しています。レールを取り付けることができないので、突っ張り棒を利用しました。メーター・ファブリックにクリップを取り付ければ、簡単にカーテンに加工できます。押入れ上段は、ANTONIUS(アントニウス)ワイヤーバスケットと引き出しで収納システムを構成。ここには下着やカットソーなど、たためる洋服をたっぷり収納できます。KASSETT(カセット)収納ボックスには、契約書や家電の取扱説明書など大事な書類を仕舞っておきましょう。寝具を収納している下段のSAMLA(サムラ)ボックスは重ね置きができ、中身が見えるのもポイントです。

 収納兼テレビ台として利用しているのは、横置きしたEXPEDIT(エクスペディート)の書棚。KASSETT(カセット)収納ボックスがピッタリ収まるので、ここに、CDやDVDなどを収納できます。フレームにはLEDライトを取り付けました。部屋のアクセントにもなり、手軽に雰囲気がつくれます。

 自立型のワードローブ IKEA PS ワードローブオーガナイザーには、普段着る洋服を収納しておきます。友達が遊びに来たときには、ひっくり返せばなかは見えませんし、衣服にホコリも付きにくくなります。

 シンプルな家具で構成されたお部屋ですが、カーテンやライトなどで少し遊び心を取り入れると、楽しい雰囲気のお部屋づくりができますよ。毎日を過ごす部屋は、機能的であると同時に、心からくつろげることが一番! 部屋を自分の好きな空間にコーディネートして、ワクワクするひとり暮らしを始めてください!

検索フォーム

おすすめリンク

カントリー調だけでなく、シャープなデザインのものも

ふわふわ素材で、上に座ってもひざにかけても、中にすっぽり入ってもいい寝袋状の電気マット。1時間あたりの電気代は約1.3円

工事いらずの数千円からできる明かり術で、部屋も気持ちも生活もガラリと変えられるヒント満載の本。写真とイラストのオールカラー。

コロンとした形にポップなカラー。たまりがちなポケットティッシュをキュートなこのケースで活用しよう!

お掃除はルンバにお任せ。あなたに代わって自動でお部屋をキレイにしてくれるロボット掃除機です

家具の落下・転倒を防止するグッズでしっかり地震対策


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

提携サイトで探す

  • 全国の売買物件をお探しの方アットホームスーモ
  • 全国の賃貸物件をお探しの方アットホームスーモ
  • 不動産会社をお探しの方アットホームスーモ