現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 住まい
  4. 世界のウチ
  5. 記事

旧刑務所はすてきな新居

2010年2月13日

  • 筆者 ドイツ・小室大輔 ちょっと変わった好条件

写真モデルルーム用に外装の一部を補修した改修前のベルリン・カンプス写真開放的なバルコニーが設置された改修後のベルリン・カンプス写真旧刑務所とは思えないモデルルーム内の居住空間写真綺麗に改修されたモデルルーム内の浴室

 旧東ベルリンの象徴の一つであるテレビ塔がそびえ立つアレキサンダー広場から、南東へ4キロほどのところに、ルンメルスブルクという運河を利用した人工湖がある。その周囲はベルリンの壁が崩壊してから、新たな住居が次々に開発されてきたところで、ベルリンの中でも注目される新しい住居再開発地区の一つである。

 その中でもひときわ話題を呼んだのが、ベルリン・カンプスと呼ばれる、かつての刑務所を集合住宅に改修した事例だ。「あなたは刑務所だった建物に住めますか?」という挑発的な宣伝文句が注目を集めたこの建物は、1879年に身寄りのない子どもたちの養護施設として建てられたものである。その後、冷戦時代には刑務所として使われていたが、東西ドイツの統一を境に閉鎖され、そのまま廃墟と化していたいわく付きの物件だ。

 この建物を住宅に改修するという大胆な計画が生まれた背景には、プロイセン時代の面影を残す貴重な文化的遺産として認められたという経緯が大きく関係している。そして、この周囲が新たな住居地区として生まれ変わるのにあわせて、その重厚な外壁や高い天井などに注目が集まり、住宅として再生するに十分な価値があると高く評価された結果、2006年から改修が始まったのである。

 案内してくれた不動産会社のゲォルトさんと一緒にモデルルームに入ると、かつて刑務所だったという雰囲気などまったく感じさせない新築同様の瀟洒な空間が広がっている。彼によると、この物件の注目度はドイツ国内外を問わず極めて高く、改修工事が始まる前に150戸が完売したという。購入者にとって、かつての刑務所に住むことに対する不安や嫌悪感はまったくなかったようだ。

 ベルリン・カンプスを訪れると、安らぎや落ち着きといった住まうことの本質は決して新築だけから得られるものではなく、歴史ある建物に身を委ねることから体感できる充足感もまた他の何にも代えがたい、とてもぜいたくなことであることに気づかされる。歴史を携えた「古さ」を大切な資産の一つとして建築の価値を高めて行く手法は、とても地味な取り組みだけれども、それは社会の成熟を示す一つの証に違いない。

 その昔、刑務所だった建物が住居として生まれ変わることなど普通では考えられないことである。でも、住まいに求められる価値を冷静に判断できる人にとっては、刑務所だったという過去の歴史など、質の高い生活空間にまつわるちょっとした挿話の一つに過ぎないのだろう。

検索フォーム
キーワード:

世界のウチ バックナンバー


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

提携サイトで探す

  • 全国の売買物件をお探しの方アットホームスーモ
  • 全国の賃貸物件をお探しの方アットホームスーモ
  • 不動産会社をお探しの方アットホームスーモ

あなたの希望に沿った不動産情報・マンション情報を検索!

カテゴリ
都道府県

あなたの希望に沿った不動産情報・マンション情報を検索!