現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 住まい
  4. 世界のウチ
  5. 記事

「世界のウチ」

花は散るから美しい

2010年12月8日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:塀に沿って伸びる美しい天然バリケード、ブーゲンビリア拡大塀に沿って伸びる美しい天然バリケード、ブーゲンビリア

写真:枝には鋭い棘があるので、泥棒よけにもぴったり拡大枝には鋭い棘があるので、泥棒よけにもぴったり

写真:我が家を楽しませてくれた2階のブーゲンビリアだが、後始末も大変拡大我が家を楽しませてくれた2階のブーゲンビリアだが、後始末も大変

写真:あちこち舞い落ちる花を黙々と掃除してくれた管理人さん、どうもありがとう拡大あちこち舞い落ちる花を黙々と掃除してくれた管理人さん、どうもありがとう

 手入れのよく行き届いた庭木や色鮮やかな花々が植えられている住宅街を散歩するのは、なかなか気持ちのいいものだ。赤道にもほど近く、年間最低気温が10度を下回ることなど滅多にないリマでは、一年を通して様々な花が咲いている。

 特に中南米の熱帯雨林が原産のブーゲンビリアは丈夫で簡単に育ち、赤やオレンジ、紫の花(実際には包葉だが)は華やかで人気がある。また枝には鋭い棘があるため、防犯目的で植えているお宅も多い。塀に沿って絡み合うように伸びる美しいバリケードとして、ブーゲンビリアはリマにぴったりの庭木なのだ。

 しかし、このブーゲンビリアはよく花落ちする。燃えるように咲き誇っていた花が、気温のちょっとした変化や根詰まりでいっせいに落ちてしまうことがある。

 どんなに鮮やかな花でも色褪せるとただのゴミ。そうでなくとも毎日のように落ちてくるのだから、掃除という観点から見れば少々面倒な花でもある。

 以前、アパートの1階に住んでいた時のこと。上層階のベランダには色とりどりのブーゲンビリアが植えられていた。24時間管理人のいるアパートだったので、防犯というよりは住人の好みだったのだろう。よく晴れた日など、日差しを受けた花がきらきらしてとても美しく、私も自宅にいながら楽しませてもらったものだ。

 しかし、その葉や花が我が家の庭に落ちてくるのには参った。はらはらと風に舞い落ちてくる様子はそれなりに風情もあるが、しばらく庭掃除を怠ると、壁の隅に落ち葉がごっそり溜まっていたりする。

 しかし、「掃除はメイドがするもの、庭掃除は庭師がするもの」と思っているリマの富裕層たちは、日本のように「落葉でご近所からクレーム」など想定していない。「花なんだから、落ちるのは当たり前でしょ」程度のものである。

 自らせっせと掃除する私のような外国人の気持ちなど分からないのだろう、庭掃除をする私を上から見下ろし、「まあ、あなたはガーデニングが趣味なのね」と声を掛けてきたこともあった。あまりの屈託なさにこちらもクレームを言う気にならず、つい相槌を打ってしまったが…。

 庭を掃き終え、なんとなく理不尽な気持ちを抱えつつアパートを出ると、管理人が歩道にこぼれ落ちたブーゲンビリアをせっせと掃除してくれていた。そう、我が家も塀に沿ってブーゲンビリアを植えていたのだ。

 上層階の住人は我が家にとっての「困ったさん」であったが、管理人にしてみれば我が家が「困ったさん」という訳だ。

検索フォーム

世界のウチ バックナンバー


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

提携サイトで探す

  • 全国の売買物件をお探しの方アットホームスーモ
  • 全国の賃貸物件をお探しの方アットホームスーモ
  • 不動産会社をお探しの方アットホームスーモ

あなたの希望に沿った不動産情報・マンション情報を検索!

カテゴリ
都道府県

あなたの希望に沿った不動産情報・マンション情報を検索!