現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 住まい
  4. 世界のウチ
  5. 記事

「世界のウチ」

まとめて捨てれば怖くない?

2011年10月29日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:友人宅の美しいバーカウンター拡大友人宅の美しいバーカウンター

写真:さてワインを開けようか?それともカクテル?拡大さてワインを開けようか?それともカクテル?

写真:友人を招いた翌日の空きビンたち。決して我が家だけで飲んだわけではない拡大友人を招いた翌日の空きビンたち。決して我が家だけで飲んだわけではない

 酒量はそれほどでなくとも、夕食時の晩酌は欠かさないという日本人は少なくないと思う。仕事を終えてほっとくつろぐひと時に冷えたビールやワインがあると、1日の疲れも癒やされるものだ。かくいう私も以前はよく夕食に缶ビールを添えていた。ぷしゅっとプルトップを開けるしぐさが、箸を持つくらい自然になっていた。

 しかし、そのゴミを捨てに行くのは恥ずかしかった。なぜならペルー人には「晩酌」という習慣がなく、頻繁にビールの空き缶を捨てるのはアパート内で我が家だけだったからだ。ペルー人の食事のお供は、炭酸飲料やチチャ・モラーダ(紫トウモロコシのジュース)などの甘い飲み物が多い。夕食時に甘い飲料なんて私としてはありえないが、アパートの住人たちには「毎日ビールを飲むなんて」と思われていたにちがいない。

 別にペルー人がアルコールに弱いわけではない。逆に日本人より耐性のある人が多いのではないだろうか。ただ日常的に飲むのではなく、友人を招いてのディナーやパーティーなど特別な日に盛大に飲むのがペルー流だ。

 友人宅には、そんなイベントを盛り上げてくれる立派なバーカウンターがある。大理石のカウンターに、ワイングラスをつるすグラスホルダーまで設置されている本格的なものだ。ペルーではごく普通にホームパーティーが行われ、料理だけでなく司会者やピエロなどを派遣するイベント業者も多い。自宅に居ながら本格的なカクテルが飲めるようにバーテンダーを要請すれば、さらに盛り上がること請け合いだ。

 我がアパートの住人たちも、パーティーの翌日には空きビンや空き缶をこれでもかと言わんばかりに廃棄する。我が家がちまちま出す量など、それに比べればかわいいものだ。最近はビールからワイン派にくら替えした我が家だが、空き瓶は週明けにまとめて捨てるようにしている。そうすればご近所が「おや、どこかでパーティーがあったのかな?」と勘違いしてくれるのではないだろうか。少なくとも「あの家は本当に毎日飲むんだな」と思われずに済むのではないか。うわばみ扱いされぬよう、そんなくだらない悪あがきをしている私なのだった。

検索フォーム

世界のウチ バックナンバー


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

提携サイトで探す

  • 全国の売買物件をお探しの方アットホームスーモ
  • 全国の賃貸物件をお探しの方アットホームスーモ
  • 不動産会社をお探しの方アットホームスーモ

あなたの希望に沿った不動産情報・マンション情報を検索!

カテゴリ
都道府県

あなたの希望に沿った不動産情報・マンション情報を検索!