現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ライフ
  3. 住まい
  4. 世界のウチ
  5. 記事
2012年11月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

「世界のウチ」

心行かしは「屋外パエリア」

〈娯楽で極楽〉 スペイン・大田朋子

写真:家の庭やパティオにパエリアを調理できる場所が確保されている拡大家の庭やパティオにパエリアを調理できる場所が確保されている

写真:時間はかかるが薪をおこしてパエリア作り。料理は気保養の一つ!拡大時間はかかるが薪をおこしてパエリア作り。料理は気保養の一つ!

写真:パエリア出来上がり! おいしい食事がスペインでは大きな楽しみ拡大パエリア出来上がり! おいしい食事がスペインでは大きな楽しみ

 スペインの娯楽というとサッカーや闘牛、フラメンコが観光向けには知られているが、実際に生活をしている限り、最大の娯楽は「家族と集うこと」に尽きる気がする。

 筆者がバレンシアに住みだしてすぐ、週末や祝日になるとスペイン人の友達が「いなくなる」ことに気が付いた。仲良くなった友達たちでも、そういえば休日に何かを一緒にしたことがない。両親や兄弟など家族が近所に住んでいる人だと、余計にその傾向は強くなる。

 スペイン人は、休日を家族と過ごすことが徹底している。なるほど、休みの日になると筆者には遊ぶ友達がいなくなるわけだ。

 しばらく住んでいると、それら家族の集いに招かれることも出てきた。バレンシアで人が集う際には、必ずといっていいほどパエリアを食べるようで、招待先で鶏肉やイカスミを使った様々な種類の手作りパエリアをごちそうになった。

 パエリアとは、平底の浅くて丸い鍋に、鶏肉やウサギ肉、インゲンマメ、かたつむり、シーフードなどの具材とお米を入れ、グツグツと弱火で数時間炊くバレンシア発祥のお米料理。郊外の家では、庭にパエリアを炊く用の窯を持つ家も多く、家族が集まるとなると、まず薪をおこし、そこに大きなパエリア鍋をのせてグツグツと何時間もパエリアを炊く。

 家族のなかで誰がパエジェーロ(パエリアを調理する人)になるかは特別決められているわけではないそうだが、私が今までお邪魔した家族では、すべての場合でパエジェーロはお父さんだった。薪をおこすなどの肉体労働が入ることも理由に挙げられるだろうし、ファミリー優先のスパニッシュパパには、家族サービスの一つとしてパエジェーロになることが習慣化しているのかもしれない。

 食事は午後3時ごろに始まり、おしゃべりをしながら夜まで続く。特別何をするわけでもなく、家族が集まり、食べ、おしゃべりをするだけ。でも、それが彼らには最高の娯楽のようだ。そう見ていくと、スペインでの家の役割は「家族が集まるための場所」なのだと実感する。料理の用意が大変だからとか、たまには趣向を変えて外食、などといったことはまずなく、誰かの家に集まり、料理を一緒にいただき、おしゃべりをして時間を共有することが最大の娯楽なのだ。

 まあ、レストランなどで集まりたくても、カトリックの国スペインでは日曜日にはすべてのお店が閉まっていて、「屋外パエリア」しか選択肢がない裏事情もあったりするのだが…。

検索フォーム

世界のウチ バックナンバー


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

提携サイトで探す

  • 全国の売買物件をお探しの方アットホームスーモ
  • 全国の賃貸物件をお探しの方アットホームスーモ
  • 不動産会社をお探しの方アットホームスーモ

あなたの希望に沿った不動産情報・マンション情報を検索!

カテゴリ
都道府県

あなたの希望に沿った不動産情報・マンション情報を検索!