メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

電脳囲碁、強さともろさ 第1回電聖戦 プロに1勝1敗

写真:石田芳夫九段(奧)―Crazy Stone戦。開発者レミ・クーロンさん(手前)はパソコンを操作しながらコンピューターの選んだ手を盤上に置いた=3月20日、東京都調布市の電気通信大拡大石田芳夫九段(奧)―Crazy Stone戦。開発者レミ・クーロンさん(手前)はパソコンを操作しながらコンピューターの選んだ手を盤上に置いた=3月20日、東京都調布市の電気通信大

写真:白 石田芳夫九段 四子 Crazy Stone
 104手・以下略、黒3目勝ち
 58コウ取る(20)、60ツグ(11)拡大白 石田芳夫九段 四子 Crazy Stone  104手・以下略、黒3目勝ち  58コウ取る(20)、60ツグ(11)

 【伊藤衆生】囲碁のコンピューターがプロ棋士と対決する第1回電聖戦が開かれ、あらかじめ黒石を4個置いて始めるハンディ戦「四子局」で石田芳夫九段(64)=二十四世本因坊秀芳=に1勝1敗だった。いまやアマ高段の域に達した電脳が実力を存分に発揮したが、人間から見たら信じられないような弱点もある。

 電聖戦は電気通信大(東京都調布市)の「エンターテイメントと認知科学研究ステーション」主催。日本棋院などが後援し、5年間の「公式定期戦」として創設された。

 3月20日、プロ代表の石田九段に挑んだのは、フランスの開発者による「Crazy Stone(クレージー・ストーン)」と日本の開発者による「Zen」。数日前に開かれたコンピューター大会の1位と2位だ。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

検索フォーム

  • ねっとde碁
  • ねっとde碁
  • 名人戦名局百選

囲碁グッズ

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】不安な育児のおまもり

    ほんやのほん

  • 写真

    【&M】「あきらめるつもりで1歩」

    ゴリ、映画を撮って15年

  • 写真

    【&Travel】芸術や自然あふれる高知

    カメラは旅する

  • 写真

    【&M】車を購入前に確認しよう

    運転免許の基礎知識

  • 写真

    【&w】83歳のワンルーム暮らし

    東京の台所2

  • 写真

    好書好日ビジネスエリートの教養は

    立川談慶さんが語る落語の効用

  • 写真

    論座CDとは違うレコードの魅力

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンハンカチブランドmotta

    ハンカチ専用パフュームを発売

  • 写真

    Aging Gracefully体の不調は放っておかない!

    自分を守るのは自分

  • 写真

    GLOBE+キユーピーが作った代替卵

    「ほぼたま」ヒントは京都名物

  • 写真

    sippo4歳の愛猫、ベルをチーン

    「おやつくださーい」練習中

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ