現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 囲碁
  4. 名人戦観戦記
  5. 記事

< 第34期名人戦七番勝負第2局  観戦記 >
黒 井山裕太  八段   対   白 張栩  名人

 

寄りつき重視

2009年10月15日

棋譜 拡大  

 2日目も熊本は青空が広がった。1日目と同じで挑戦者、名人の順に入室。ネクタイを見て、おやっと思った。前日は相談したかのように水玉模様だったが、挑戦者はストライプの模様、名人は直線が鋭くななめに走ったデザインに一変させた。好みは似ているのかもしれない。

 封じ手の黒79も、おやっと思う。参考図の黒1とトンでまあまあと見る棋士が多かったからだ。しかし挑戦者だけは「白2とサガられ、自信がなかった」という。なるほど、黒3とつながったような顔をしても、白aやbのツケで切断する狙いが残って、黒はまだまだ薄い。黒3をcやdと下に寄せるのは、白eともたれられるのがこわい。

 挑戦者の黒79はこの白への寄りつきを意図した最強の頑張りと書いておこう。対する白80について名人は「Aも考えたけれど、ゆるんでいる気がして・・・」と語った。

 小松「白80から82とツケる名人の方針に非難すべき点はありません。ただ、白88に黒89から93とコウを誘った挑戦者の気合はみごとでした」

(春秋子)

[次の譜へ]

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内