現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 囲碁
  4. 名人戦観戦記
  5. 記事

< 第34期名人戦七番勝負第5局  観戦記 >
黒 張栩  名人   対   白 井山裕太  八段

 

詰碁では正解

2009年11月30日

棋譜 拡大  

 挑戦者の脇息(きょうそく)の下に、携帯型の音楽プレーヤーが置いてあった。午前中にはなかったものだ。「昼休みに散歩をしながら音楽を聴いていました。第2局のとき、あまりに形勢が悪くて昼食がのどを通らず、気分転換に外に出ました。そうしたら碁もよくなったので、それ以来毎回続けていました」と挑戦者。去年やっていたネクタイで縁起を担ぐのは、もうやめたという。

 白は14のハネから16にトビ、着実な歩みを見せる。

 このあたりになると、検討陣の予想がそのまま実戦に現れてきた。「当たり出すとゴールは近い。早いよ」と山城立会人。

 最後に残った大場、右上に白は24とツケていく。黒25のオサエに対して、次の一手は最後の関門だった。

 万が一、参考図の白1にハネたら大変だった。黒16のハネまで、隅だけでは眼がない。白17に切って25までを捨て石にすれば33と生きることはできる。「詰碁の問題としては正解ですが、こうなるとさすがに地合いがあやしくなります」と小県解説者。

 挑戦者にぬかりはない。白26にハネて、いよいよゴールが近づいてきた。

(内藤由起子)

[次の譜へ]

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内