現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 囲碁
  4. 名人戦観戦記
  5. 記事

< 第35期名人戦七番勝負第2局  観戦記 >
黒 井山裕太  名人   対   白 高尾紳路  挑戦者

 

高尾の決断

2010年10月20日

棋譜 拡大  

 白24は覚悟の踏み込みだろう。前譜でも触れたように右上白は黒からA、白B、黒Cを狙われている。それを承知の上での手抜きだ。左辺から忙しく動いて黒Aのタイミングを奪い、左上と上辺黒にもたれてその威力をもぼかすつもりだ。結城解説者は「うやむや作戦」と名付けた。

 黒25、27は根拠も欲しいし頭も出したいという心境の表れか。生きるだけなら黒25で参考図の1、3だ。しかしこの局面では白4から10と押さえつけられて、左上と上辺の黒がめっきり薄くなる。

 白28とは迫力がある。

 「続いて黒34なら白29と切って戦うのでしょうか。白30は逃せない。黒Dを許したら簡単に生き形です」と解説者。

 昼食休憩再開直後、名人は黒31、33へ。対して白34に戻ったのは、挑戦者らしい手厚さと評判だった。

 さて、黒には打ちたいところが増えてきた。黒Aの他に左下黒の補強もしたいし、左上も黒Eに一着ないと何かと不安定だ。しかし、名人の次の一手は右下黒39のシマリだった。吉と出るか、凶と出るか。

(松浦孝仁)

 消費 黒:2時間12分 白:2時間21分 (持時間各8時間)

[次の譜へ]

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介