現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 囲碁
  4. 名人戦観戦記
  5. 記事

< 第36期名人戦挑戦者決定リーグ戦第8局  観戦記 >
黒 山下 敬吾  本因坊   -   白 坂井 秀至  碁聖

 

坂井の戦闘宣言

2011年3月10日

 黒21、23に石がくるとシチョウ関係が逆転し、黒25にツケることができる。解説は今村俊也九段。

 「黒の意中を行かずに、白24でAと押し、黒Bのとき、白Cと反発することも可能でした。続いて黒24とオサえられても、白Dとケイマする要領です」

 しかし、坂井は白24、26の部分的好形に満足した。全局的に見ると下辺に偏っているようだが、ここをしっかりさせておけば、左辺の戦いはこわくないという判断だ。なお黒27は厳しい好手。黒29や33に備えるのは、白Eとヒラいてゆっくりした展開となる。

 白28とハネ込んで、静の坂井は戦闘を宣言した。動の山下、もちろん戦いは望むところだ。

 白Fとシチョウにカカえられないので36と引く一手。黒37と動いたときの白38に検討陣が首をかしげた。参考図の白1とハネるべきではないかという。以下白9までとトビ合って、aのケイマとbの脅しを見合う方が楽しみが多くはなかったか。「なるほど、そうやったな」と坂井はうなずいた。

 

(春秋子)

[次の譜へ]

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介