現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 囲碁
  4. 名人戦観戦記
  5. 記事

< 第36期名人戦挑戦者決定リーグ戦第8局  観戦記 >
黒 山下 敬吾  本因坊   -   白 坂井 秀至  碁聖

 

痛打二つ

2011年3月10日

 黒41とは微妙なタイミングでノゾいたものだ。坂井は4分考えて白42と受ける。とたんに検討陣からブーイングが起きた。参考図の白1と変化したいという。黒2には白3とじっくり並んでおく。下辺は荒れても、▲を車のあと押しの悪手にさせて、白が十分やれたと今村解説者の判定である。

 状況が変わって、黒43、45は車のあと押しとはいわない。白46では歯を食いしばってでも47にノビたいが、黒53に踏み込まれ、白三子は風前のともしび。続いて白51と逃げるのは、黒55とカケ、白A、黒52、白B、黒Cでつかまってしまう。

 そこで白46とがまんして黒47のタタキを許すハメに。痛い痛い。これ以降、坂井の苦しい時間がずうっと続くことになる。

 白48、50は応急措置である。黒Dの出は白Eとトンで何とか支えているとの読み。しかし、黒51以下を利かしてからの57を解説者は「こんなきつい手があったとは」と絶賛する。白Fにつながれば、黒D、白E、黒Gでカナメの白五子を助けにくい。

 黒47は誰でも分かる痛打だが、57は山下ならではの痛打だった。

 

(春秋子)

[次の譜へ]

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介