現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 囲碁
  4. 名人戦観戦記
  5. 記事

< 第36期名人戦挑戦者決定リーグ戦第14局  観戦記 >
黒 山下 敬吾  本因坊   -   白 林 漢傑  七段

 

生きをめぐって

2011年4月21日

 黒29の場面。多くの読者は脱出可能と思われるのではないか。そこで宮沢解説者と一問一答。

 参考図1の白1とツケると?

 「黒2から4のアテでいい。続いて白a、黒bと交換しても事態は変わりません」

 白5、7で脱出できそうですが。

 「いや、黒8、10で止まる。白11と出ても黒12に白13と戻らねばならず、黒14あるいはcとツガれ、白は最悪です」

 納得。脱出不能なら白30と生きを求めることになる。

 宮沢「白34は単にAと生きるべきです。白34、36に続いて黒Bなら手抜きをして生きという意味ですが、黒37の好手に参りました」

 黒37でBとツギ、白が手抜きした場合の死活が面白い。参考図2の黒1から15なら(14ツグ)六目中手の死に。しかし実際は白2で9と受けても、白6で8でも生きている。

 宿題を一つ。黒37に白が手抜きしたらどうなるかだ。

(春秋子)

[次の譜へ]

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介