現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. エンタメ
  3. 囲碁
  4. 名人戦観戦記
  5. 記事

< 第37期名人戦七番勝負第2局  観戦記 >
黒 山下敬吾  名人   対   白 羽根直樹  挑戦者

 

英断

2012年10月25日

 白46は不思議なところだった。実は最強手を見送っている。最強は参考図の白1、黒2を交換して3のハネだ。これで黒a、白b、黒cの味を解消、下辺黒に照準を合わせる。

 高尾「白3には黒4、6で白dを防ぐのが最強の抵抗。白は7を占め、黒は8のアテに向かいます。白9のあと黒が右下を守れば白11で分かりやすいのですが、黒は10と左辺を突き出してくる。白11以下黒18で黒がいけそうでも、白19の強手が潜んでいる。以降を読み切るには膨大な時間が必要です」

 挑戦者は妥協したのか。いや、そう考えるのは早計だろう。冷静に局面を分析し、勝利を優先したと捉えたい。英断というべきか。

 ところが黒47に白48は完全なミス。本当は白Aの逃げ出しが成立した。黒48に白B、黒C、白Dと頭を出し、黒E以下符号順に黒Iの切断には白J、黒49、白Kで攻め合いは1手勝ちと確認できる。

 黒49に先回りされて下辺白五子は立ち枯れ状態に。碁は振り出しに戻った。間もなく封じ手の時間を迎える。

(松浦孝仁)

 消費 黒:3時間39分 白:3時間9分 (持時間各8時間)

[次の譜へ]

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介
  • ねっとde碁
  • ねっとde碁
  • 名人戦名局百選

囲碁の本

第36期囲碁名人戦全記録

剛腕・山下敬吾本因坊が井山裕太名人を4勝2敗で破り、タイトルを奪取した七番勝負を観戦記で振り返る。ほか、挑戦者決定リーグ戦全37局(プレーオフを含む)の棋譜、朝日新聞紙上に載った記事や写真なども収録。

井山裕太20歳の自戦記

史上最年少で名人となった井山裕太名人の初の打碁集。名人奪取までに打った17局を自ら振り返る。坂田栄男、趙治勲、小林光一ら歴代名人7人が見た井山評も。

勝利は10%から積み上げる

囲碁界第一人者の張栩十段が、これまでの棋士人生で培われた、自らの勝負哲学を明かす。

powered by amazon

囲碁関連グッズ

第37期囲碁名人戦 記念扇子

初防衛を目指す山下敬吾名人と挑戦者・羽根直樹九段の揮毫入り。対局開催地と日本棋院だけで販売の限定品

囲碁って楽しい!

名人戦も囲碁ガールも!新しい囲碁の魅力に触れてみませんか?