現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. エンタメ
  3. 囲碁
  4. 名人戦観戦記
  5. 記事

< 第37期名人戦七番勝負第2局  観戦記 >
黒 山下敬吾  名人   対   白 羽根直樹  挑戦者

 

楽になっていく

2012年10月25日

 立会人王銘エン(エンは王へんに宛)九段が2日目の石の流れをこんなふうに表現した。

 「名人はなぜ自分のことばかり心配しているのだろう。白がどんどん楽になっていく」

 いまの盤面を眺めれば、立会人の指摘がよく理解できる。黒はしっかりした構えで、どこも攻められる心配はない。ただし、白も同様だ。そして肝心の地合いは白がいい。これでは名人自慢の剛腕を披露できない。

 自分が薄くても仕掛けていくのが山下流と趙治勲二十五世本因坊は「週刊碁」(日本棋院)の連載で語っている。つまり対戦相手はいつどこからパンチが飛んでくるか分からないから怖いのだ。この碁ではパンチを出せるタイミングがない。

 白28の棒ツギは様子見。黒Aと守らせれば、中央の利きが豊富になるので△三子を助ける方針だ。

 高尾「白の意中をいくようでも、黒はAとがんばるべきだと思います。実戦の黒31では白32に手を抜けない。放っておくと参考図の白1が成立。白11までは白の花見コウです」

 したがって、黒33は仕方ない。しかし、黒Bからのハネツギを白に先手で防がれた理屈だ。これは黒、つらい。

(松浦孝仁)

 消費 黒:7時間19分 白:6時間48分 (持時間各8時間)

[次の譜へ]

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介
  • ねっとde碁
  • ねっとde碁
  • 名人戦名局百選

囲碁の本

第36期囲碁名人戦全記録

剛腕・山下敬吾本因坊が井山裕太名人を4勝2敗で破り、タイトルを奪取した七番勝負を観戦記で振り返る。ほか、挑戦者決定リーグ戦全37局(プレーオフを含む)の棋譜、朝日新聞紙上に載った記事や写真なども収録。

井山裕太20歳の自戦記

史上最年少で名人となった井山裕太名人の初の打碁集。名人奪取までに打った17局を自ら振り返る。坂田栄男、趙治勲、小林光一ら歴代名人7人が見た井山評も。

勝利は10%から積み上げる

囲碁界第一人者の張栩十段が、これまでの棋士人生で培われた、自らの勝負哲学を明かす。

powered by amazon

囲碁関連グッズ

第37期囲碁名人戦 記念扇子

初防衛を目指す山下敬吾名人と挑戦者・羽根直樹九段の揮毫入り。対局開催地と日本棋院だけで販売の限定品

囲碁って楽しい!

名人戦も囲碁ガールも!新しい囲碁の魅力に触れてみませんか?