メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

< 第37期名人戦七番勝負第7局  観戦記 >
黒 羽根直樹  挑戦者   対   白 山下敬吾  名人

 

地で黒リード

2012年12月25日

 黒77の意図ははっきりしている。白Aと受けてもらい、黒78のツケをより効果的にしたいというのだろう。

 ところがそうは問屋がおろさなかった。41分をかけた白78が名人の強手。▲二子を活用する大さばきを許さないぞと主張したのだ。この78は双方の急所ゆえ、きのう指摘したように77で黒78にツケたかったのである。

 大さばきを封じられた挑戦者は黒79と小さなさばきに出ざるを得ない。白80には黒81のハネ。とたんに検討陣から「あれっ、そっちか」の声が出る。

 内田「81では参考図の黒1を予想したのですが、白2で全体が攻められるのを嫌ったのでしょう。黒3には白4から6できわどくワタっています」

 続いて黒aは白bの綱渡り。渡る世間に鬼はなしだ。

 小さばきながら黒87まで、隅をエグり、おまけに黒Bと三子を取り込む30目近い実利を残した。2日目の午後の戦いに入って、再び黒優勢説が支配的になる。ここで局面をストップすれば、黒の地のリードは明らか。挑戦者も確かな手ごたえを感じたと思う。

 しかしこの状況を待ち望んだのが名人だった。

(春秋子)

 消費 黒:5時間35分 白:5時間39分 (持時間各8時間)

[次の譜へ]

検索フォーム

  • ねっとde碁
  • ねっとde碁
  • 名人戦名局百選

囲碁グッズ

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】自宅で黒にんにくをつくろう

    通常1ヶ月の熟成期間を12日に

  • 写真

    【&TRAVEL】東京を盛り上げる豪華客船

    2020年に東京湾に入港〈PR〉

  • 写真

    【&M】低いノーズがくさび形を強調

    小川フミオの「世界の名車」

  • 写真

    【&w】一目で義理とわかるチョコ

    はじまりの場所

  • 写真

    好書好日多様な命を育むマサイマラ

    藤巻亮太が見た野生動物の王国

  • 写真

    WEBRONZA橋本治は「体」の人だった

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンオーデマ ピゲ個性的な新作

    四半世紀ぶりの新コレクション

  • 写真

    T JAPANフレンチと日本酒の新たな出会い

    一ツ星シェフ流のペアリング

  • 写真

    GLOBE+絶景に場所取りはつきもの

    詩歩さん連載

  • 写真

    sippoこれで愛犬もかわいく変身

    100均の意外な人気商品

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ