メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月13日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

< 第38期名人戦挑戦者決定リーグ戦第5局  観戦記 >
黒 坂井 秀至  八段   -   白 河野 臨  九段

 

17手目の意味

2013年2月15日

 昨年12月の第1ラウンドを白星で発進できなかった河野と坂井の対戦。五分に戻すか連敗か。ちょっと違った意味での注目局だ。

 名人戦リーグは全8戦の長丁場。とはいえ立ち上がりの連敗は痛い。五分の星に戻すには当然ながら2カ月かかる。つまり、リーグ戦の半分を消化してしまうのだ。挑戦権レースの大きな足かせとなるのは間違いない。

 坂井は黒5、7、9に合わせて19分を消費。慎重だ。反対に白18までの河野の着手はすべて4分以下。これは両者の対戦成績が影響したか。河野の9勝2敗と大きく偏っている。

 白6の一間がこのところ増えてきた。「以前は白Aの小ゲイマばかりでしたね。位が高いと黒Bの急所が気になりますが、その分、中央への進出スピードに優れます」と解説の小松英樹九段。

 白Cから一路ずらして8に構えるのは河野愛用の布陣。右下へのカカリは急がないのが最近の傾向だ。白10と割り打てば16まではよくある進行だ。

 黒17が本局の結末に少なからず作用したと記者は思う。黒Dのコスミツケなら白E、黒Fとなり、これはよくある取引。黒17はもっとからい姿を目指した。白Gと受けさせて黒Fと構えれば、隅から辺が黒の確定地だ。

 河野は許さない。白18と裏から黒に迫り、右辺白に声援を送る。これが開戦のきっかけとなった。

(松浦孝仁)

 消費 黒:28分 白:15分 (持時間各5時間)

[次の譜へ]

検索フォーム

  • ねっとde碁
  • ねっとde碁
  • 名人戦名局百選

囲碁グッズ

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】クルっと変身が楽しい!

    話題の3D&360対応カメラ

  • 写真

    【&TRAVEL】要塞化された薩摩の武家屋敷

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&M】斬新なロシアの水ギョーザ

    色気を感じる「ペリメニ」

  • 写真

    【&w】すべての生命に感謝をこめて

    「Creation:」

  • 写真

    好書好日干ししいたけ老夫婦が大活躍

    人気絵本「ほしじいたけ…」

  • 写真

    WEBRONZAGW10連休に反対

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン現代の社長が語る若き自分

    実績がなくても行動が大切

  • 写真

    T JAPAN復活した「フォアグラ」の魅力

    ギィ・マルタンシェフが語る

  • 写真

    GLOBE+狂言とVRはつながっている

    時代を軽々越える野村萬斎

  • 写真

    sippo獣医師をやめて弟子入り

    異色の落語家・林家卯三郎さん

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ