メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

< 第38期名人戦挑戦者決定リーグ戦第6局  観戦記 >
黒 結城 聡  九段   -   白 村川 大介  七段

 

慎重な結城

2013年2月21日

 井山裕太と結城聡。村川大介は自身の碁に影響を受けた棋士として、このふたりの名をあげる。名人戦リーグの舞台で、尊敬する先輩と対局することを、村川は楽しみにしていたことだろう。

 12月ラウンドが手空きだった結城は、本局がリーグ開幕戦だ。

 黒番の結城が5のカカリから7とスベったのを見て、「いつもの結城さんではないな」と解説の清成哲也九段。黒Aのミニ中国流、または黒Bとシマり上辺を広く構えるのが力戦家の結城らしい。さらに黒9でハサまないのも意外だという。「少し慎重になっていますね」と清成解説者。

 白16のヒラキに黒17とツメ、すぐに19と打ち込む。白20のツケから黒を右下にワタらせると、今度は白が26と打ち込んだ。「さすが、厳しいものです。白Cと守るのがふつう。これでいい勝負なのですが」と清成解説者。右辺の白が、働くか攻められるか。これが本局のポイントだ。

 ここで結城は昼休みを挟んで30分を使い、黒27とコスんだ。

 黒Dとツケるのはうまくいかない。白E、黒F、白G、黒H、白Bのあとすぐに黒Iの攻めにまわりたいが、白Jの動き出しがうるさいのだ。かといって右上に1手かけているようでは白Cとくつろがれる。

 黒27はやむを得ないのだが、ここから結城は苦労する。

(内藤由起子)

 消費 黒:1時間23分 白:24分 (持時間各5時間)

[次の譜へ]

検索フォーム

  • ねっとde碁
  • ねっとde碁
  • 名人戦名局百選

囲碁グッズ

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】開放型に脚光再び!

    快適イヤホン生活

  • 写真

    【&TRAVEL】僕の本質はインスタで表現

    連載「原田龍二の温泉番長」

  • 写真

    【&M】スマホで撮った写真は現実か

    最新機種が変える“写真”の意味

  • 写真

    【&w】いま音楽映画に酔いしれたい

    ART&MOVIE

  • 写真

    好書好日熱きボクサー時代を絵本に

    南キャン・しずちゃんの思い

  • 写真

    WEBRONZA自民党と北方領土の関係

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン日本人が知らないオレゴン

    観光客を魅了するわけとは?

  • 写真

    T JAPAN連載・この店の、このひと皿

    南インドの定食「ミールス」

  • 写真

    GLOBE+静かに白人が動いた

    中間選挙に見えた変化の芽

  • 写真

    sippoモデル・松島花さん

    保護猫の情報発信をする理由

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ