メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

< 第38期名人戦挑戦者決定リーグ戦第19局  観戦記 >
黒 村川大介  七段   -   白 井山裕太  棋聖

 

研究会仲間

2013年5月23日

 4月11日、大阪・梅田の日本棋院関西総本部。観戦するのが楽しみな好カードだった。いや、記者よりも両対局者のほうがこの日を待ち望んでいたかもしれない。

 井山裕太の師匠の石井邦生九段からうかがった10年以上前の話を紹介しよう。小学4年の院生だった井山少年は、既存の研究会に入ろうとせず、自分で研究会を立ち上げてしまった。これが現在に続く井山研究会である。

 スタートしてしばらくは先輩ばかりの研究会だったが、やがて年下の仲間ができた。そのひとりが関西棋院の村川大介少年だった。以後、村川は1歳上の井山の背中を追いかけてきた。

 もちろん、実績の差は大きく、前を行く井山の背中を見失うことがしばしばだったと思う。それがいま、名人戦に関して、リーグという同じ土俵に立ったのだ。村川の弾む気持ちも、井山の待っていたぞとの思いも当然なのである。

 先番村川の黒7の構えから白14までは流行の序盤。続く黒15のトビを解説の山田規三生九段は「スケールが大きく力強い」と評価する。白16から黒21を想定し、いずれ白は黒模様に入ってくるに違いない。それを攻めて主導権を握る方針だ。

 本局は各譜の終わりにいくつか次の一手を用意した。さて井山の白の次の一手は? 白Aと助けるのは黒Bでまずい。

(春秋子)

 消費 黒:29分 白:19分 (持時間各5時間)

[次の譜へ]

検索フォーム

  • ねっとde碁
  • ねっとde碁
  • 名人戦名局百選

囲碁グッズ

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】夫婦のスケジュールも可視化

    デジタル×アナログで予定管理

  • 写真

    【&TRAVEL】宝石のようなオリーブ手摘み

    干潮で現れる天使の散歩道

  • 写真

    【&M】5億人の女性を救った男

    映画『パッドマン』試写招待

  • 写真

    【&w】ブルックスブラザーズ展開催

    ファッションニュース

  • 写真

    好書好日原作者の人生に揺さぶられた

    DV受ける息子演じた太賀さん

  • 写真

    WEBRONZAマインドフルネスってなに?

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンラグジュアリーな旅とは?

    今、大人が求めるホテル

  • 写真

    T JAPAN漫画家、荒木飛呂彦の創造哲学

    アトリエに潜入取材

  • 写真

    GLOBE+107歳、今もフルタイム

    世界最高齢の床屋さん

  • 写真

    sippo紳士服店で犬・猫の譲渡会

    始まりは社長と猫との出会い

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ