メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

< 第38期名人戦挑戦者決定リーグ戦第20局  観戦記 >
黒 羽根直樹  九段   -   白 結城聡  九段

 

本手だが

2013年5月30日

 持ち時間の長さによる得手不得手はあるのか。「強い人は長い碁も早碁も強い」といわれる。三大棋戦のうち二つのリーグに在籍する結城は最近、長い碁だけ成績が悪い。

 本局を迎えるまでの結城は今年15勝7敗。このうち名人戦、本因坊戦のリーグは計2勝5敗だ。リーグは5時間持ちで、1日制の対局としては現在最も長い。一方、1手30秒の早碁は9戦全勝。NHK杯と大和証券杯の早碁2棋戦で優勝した。これだけくっきり違いが出るのも珍しい。

 本局は、結城の時間の使い方にも注目していただこう。

 羽根が黒1、3の向かい小目を選ぶのは、最近珍しいという。結城は白8、10とナダれ、14とヒラいた。

 左上黒Aのハサミツケが厳しくはないのだろうか。記者の疑問に解説の小県真樹九段が「白Bと受け、黒C以下白D、黒18、白E、黒F、白Gまで。白は二子を捨てて大したことありません」と教えてくれた。Bではなく白Cとツグのもあるという。黒B、白D、黒Gには白Hとケイマして白十分の態勢だ。

 なので白が18と守ったのがどうだったか、というのだ。「部分的には本手ですが、左辺に白が偏っているのが気になります。私なら白Iなど右辺に向かいます」と小県解説者。

 黒19とカカられ、結城の手が止まった。白20の受けに28分も考えた。

(内藤由起子)

 消費 黒:24分 白:1時間4分 (持時間各5時間)

[次の譜へ]

検索フォーム

  • ねっとde碁
  • ねっとde碁
  • 名人戦名局百選

囲碁グッズ

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】オーストラリア・ダーウィン

    自然とシティリゾートを満喫

  • 写真

    【&TRAVEL】ワシントンDCで感じた人情

    福士蒼汰さんの「心に残る旅」

  • 写真

    【&M】レクサスのミニバン誕生

    上海国際モーターショー2019

  • 写真

    【&w】「六花亭」で小さな幸せを

    オトコの別腹

  • 写真

    好書好日横尾忠則さんの華麗なる交流

    芥川賞作家2人とアトリエ鼎談

  • 写真

    論座上野千鶴子祝辞に反発する人

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンパフォーマンスに差がつく

    快適かつ上質な空の旅

  • 写真

    T JAPANクリムトが巨匠である理由

    2つの展覧会が開催

  • 写真

    GLOBE+中国一美しい本屋

    変わる書店、最前線

  • 写真

    sippo猫は名前を聞き分けられる

    上智大チームが検証

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ