メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

< 第38期名人戦挑戦者決定リーグ戦第22局  観戦記 >
黒 溝上知親  八段   -   白 張栩  九段

 

高手の芸

2013年6月13日

 「一に空き隅、二にシマリ(あるいはカカリ)」という言葉がある。序盤の打ち方の基本で、プロもほとんどはこれに従っている。四つの隅を打ち合い、5手目に黒が向かうのはシマリかカカリ、あるいは辺への構えか。

 そんな常識に慣れきっているからこそ、逸脱した新鮮な局面に出くわすと、うれしくなる。本局、5月2日の張栩―溝上知親戦がそうだった。序盤早々、記者は未知の世界に引きずり込まれた。

 溝上はいきなり黒3のカカリ。ただ、この手だけは知っている。白Aの受けなら、例えば黒5、白24、黒16でミニ中国流に構えることができる。これはまだ常識の範囲内だ。

 下辺白4のハサミに黒5の小目の向きがなんとも挑発的。白6とカカってくれといわんばかりだ。左上隅が空いているというのに、もう戦いを起こそうとしている。見ていて、頭がくらっとした。

 溝上が誘ったような序盤戦。工夫には工夫でという心境なのか、やわらかく白8とボウシした張は10、12と軽快に動いた。白14に黒16なら白Bの予定だ。

 黒17のハネ出しに白は18と逆を切り、厚みを築く。黒23まで、互いの注文をはずしながら見事に分かれるものである。解説の加藤充志九段は「高手の芸としか言いようがありません」と称賛した。

 24手目にしてようやく最後の隅に石が置かれた。

(伊藤衆生)

 消費 黒:1時間2分 白:27分 (持時間各5時間)

[次の譜へ]

検索フォーム

  • ねっとde碁
  • ねっとde碁
  • 名人戦名局百選

囲碁グッズ

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】自宅で黒にんにくをつくろう

    通常1ヶ月の熟成期間を12日に

  • 写真

    【&TRAVEL】東京を盛り上げる豪華客船

    2020年に東京湾に入港〈PR〉

  • 写真

    【&M】現代美術界のエース名和晃平

    その視線に映る未来とは

  • 写真

    【&w】一目で義理とわかるチョコ

    はじまりの場所

  • 写真

    好書好日多様な命を育むマサイマラ

    藤巻亮太が見た野生動物の王国

  • 写真

    WEBRONZA改憲で自衛隊員は増えるか?

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンオーデマ ピゲ個性的な新作

    四半世紀ぶりの新コレクション

  • 写真

    T JAPAN『女王陛下のお気に入り』に主演

    女優エマ・ストーン独占インタビュー!

  • 写真

    GLOBE+絶景に場所取りはつきもの

    詩歩さん連載

  • 写真

    sippoこれで愛犬もかわいく変身

    100均の意外な人気商品

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ