メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

< 第38期名人戦挑戦者決定リーグ戦第23局  観戦記 >
黒 村川大介  七段   -   白高尾紳路  九段

 

道策のよう

2013年6月20日

 白34に対する村川の次の一手は穏やかな黒35。なぜノビ込まないのか、疑問に思われる読者もいるはずだ。それを解明しよう。

 参考図の黒1はすぐ白2が来る。黒3とコスミツけても、白4以下12までがすべて利き、14とブツカられて、こちらがただでは済まない。黒15は白16、18と切られ、たちまちゲームセットだ。

 白36の好形を許しても、黒37とまだ攻めを狙ってやれると村川は見たのだろう。

 「白38はどこに打つべきかさっぱり分からなかった。白Aと控えれば無事なのですがねえ」と高尾。自信のなさそうな高尾とは違って、棋士控室に陣取った宮沢解説者を中心に、福井正明九段、酒井猛九段らのうるさ型は絶賛の嵐だった。

 「本因坊道策先生のような手だ」

 「おいおい、ちょっとホメすぎだよ」

 黒39の反撃には白40と42、44の出切りが用意され、46で39の一子が動けない理屈だ。黒の石数の多いところでうまく立ち回ったとの結論だった。しかし両対局者の見方は大きく違う。

(春秋子)

 消費 黒:1時間25分 白:1時間35分 (持時間各5時間)

[次の譜へ]

検索フォーム

  • ねっとde碁
  • ねっとde碁
  • 名人戦名局百選

囲碁グッズ

注目コンテンツ