メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

< 第38期名人戦挑戦者決定リーグ戦第25局  観戦記 >
黒 張栩  九段   -   白 井山裕太  棋聖

 

土曜の大一番

2013年7月11日

 6月1日、異例の土曜対局だった。リーグは原則、木曜に組まれ、月曜が予備日に設定されている。五冠王井山の過密日程がうかがいしれる。

 全勝の張と1敗の井山による大一番。注目を集める対局は一方的な内容で終わるケースも珍しくないが、この碁に関しては要らぬ心配だった。局後の検討で両者が「難しい、分からない」と何度口にしたか。瀬戸大樹七段の解説で楽しもう。

 黒1から7の布陣に白8のカカリを迎えた張は、左上黒9に向かう。白10には黒11以下の定石を選択。実利先行の意思表示だろう。井山は白18の両ガカリから22の押しへ。こちらは自己の主張を後回しにして、盤上の流れに身を任せている。左上の勢力を働かせるためには、この地点は逃せない。

 瀬戸「白22でよくあるA、黒23、白24、黒25、白Bは、黒22のマゲが絶好。左上白がかすみます」

 黒23で26なら、今度こそ白Aと入るつもり。これはさすがに黒が甘いのだろう。

 張は左上での方針を引き継ぐ。黒23を決めて25と、貝のように閉じこもった。白26とハネられて、容易に外界へは出ていけない。この定石、白よしと教わった読者は少なくないのでは。現代でも、部分的には白持ちの声が大きい。張があえてこの姿に甘んじたのは、黒27を見ていたからだ。

(松浦孝仁)

 消費 黒:19分 白:42分 (持時間各5時間)

[次の譜へ]

検索フォーム

  • ねっとde碁
  • ねっとde碁
  • 名人戦名局百選

囲碁グッズ

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】夫婦のスケジュールも可視化

    デジタル×アナログで予定管理

  • 写真

    【&TRAVEL】宝石のようなオリーブ手摘み

    干潮で現れる天使の散歩道

  • 写真

    【&M】5億人の女性を救った男

    映画『パッドマン』試写招待

  • 写真

    【&w】ブルックスブラザーズ展開催

    ファッションニュース

  • 写真

    好書好日原作者の人生に揺さぶられた

    DV受ける息子演じた太賀さん

  • 写真

    WEBRONZAマインドフルネスってなに?

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンラグジュアリーな旅とは?

    今、大人が求めるホテル

  • 写真

    T JAPAN漫画家、荒木飛呂彦の創造哲学

    アトリエに潜入取材

  • 写真

    GLOBE+107歳、今もフルタイム

    世界最高齢の床屋さん

  • 写真

    sippo紳士服店で犬・猫の譲渡会

    始まりは社長と猫との出会い

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ