メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

< 第38期名人戦挑戦者決定リーグ戦第25局  観戦記 >
黒 張栩  九段   -   白 井山裕太  棋聖

 

土曜の大一番

2013年7月11日

 6月1日、異例の土曜対局だった。リーグは原則、木曜に組まれ、月曜が予備日に設定されている。五冠王井山の過密日程がうかがいしれる。

 全勝の張と1敗の井山による大一番。注目を集める対局は一方的な内容で終わるケースも珍しくないが、この碁に関しては要らぬ心配だった。局後の検討で両者が「難しい、分からない」と何度口にしたか。瀬戸大樹七段の解説で楽しもう。

 黒1から7の布陣に白8のカカリを迎えた張は、左上黒9に向かう。白10には黒11以下の定石を選択。実利先行の意思表示だろう。井山は白18の両ガカリから22の押しへ。こちらは自己の主張を後回しにして、盤上の流れに身を任せている。左上の勢力を働かせるためには、この地点は逃せない。

 瀬戸「白22でよくあるA、黒23、白24、黒25、白Bは、黒22のマゲが絶好。左上白がかすみます」

 黒23で26なら、今度こそ白Aと入るつもり。これはさすがに黒が甘いのだろう。

 張は左上での方針を引き継ぐ。黒23を決めて25と、貝のように閉じこもった。白26とハネられて、容易に外界へは出ていけない。この定石、白よしと教わった読者は少なくないのでは。現代でも、部分的には白持ちの声が大きい。張があえてこの姿に甘んじたのは、黒27を見ていたからだ。

(松浦孝仁)

 消費 黒:19分 白:42分 (持時間各5時間)

[次の譜へ]

検索フォーム

  • ねっとde碁
  • ねっとde碁
  • 名人戦名局百選

囲碁グッズ

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】ガチっと押し込む感触も最高

    80年代デザインのラジカセ

  • 写真

    【&TRAVEL】パリ、無愛想な猫だが……

    1日1旅

  • 写真

    【&M】正月以外も使えるかるた

    爆笑誘う奇想天外な絵と言葉

  • 写真

    【&w】小さな家の生活日記が本に

    東京の台所 番外編

  • 写真

    好書好日禁じられたものに触れたい

    小説「出版禁止」第2弾刊行

  • 写真

    WEBRONZA定年後10万時間の使い方

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン“6つ星”と評されるホテル

    これぞまさにプーケットの楽園

  • 写真

    T JAPAN4匹の猫と華麗なる共演。

    女性のための優美な機械式時計

  • 写真

    GLOBE+サウジNo1おむつは日本製

    女性だけの工場も現地に作った

  • 写真

    sippo河川敷の“ホームレス犬”

    老いて初めての室内暮らし

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ