メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

< 第38期名人戦挑戦者決定リーグ戦第26局  観戦記 >
黒 坂井 秀至  八段   -   白 結城 聡  十段

 

同士打ち

2013年7月18日

 「こんな形で結城さんと打ちたくはなかった」――。局後、記者を食事に誘った坂井の第一声である。

 兵庫県出身の41歳結城と40歳坂井は、小学生時代から互いを知る間柄。ともに故佐藤直男九段門下で、故藤沢秀行名誉棋聖の薫陶を受けた。

 12歳で関西棋院のプロになって若い頃から活躍した結城に対し、坂井は京都大学医学部に進学し、アマチュア世界一に輝いた後に28歳で同棋院のプロに転じた。道のりこそ大きく違うが、2人は絶えず支え合い、刺激し合ってきた。

 前局に負けて6戦全敗となった坂井は、すでにリーグ落ちが決まっていた。結城は5戦全敗の崖っぷち。坂井が勝つと親友に引導を渡すことになる。まさしく同士打ちだった。

 坂井はつらい気持ちをこらえ、積極的な打ちまわしを見せる。その一局を見ていこう。

 左上は白16に続いて黒AやBが本手。しかし坂井はそれを省き、下辺黒17へ向かう。黒21と白の進路を止め、左辺に模様が浮かび上がった。「21は坂井君らしからぬ伸び伸びとした手ですね」と評するのは解説の小松英樹九段。坂井の棋風を堅実派ととらえている記者も同感だった。

 白が22と手堅く打てば黒23、25で相手を凝り形に導こうとするのはうなずける。白が隅を放棄して30と外へはみ出すのも当然の行動だ。

(伊藤衆生)

 消費 黒:25分 白:57分 (持時間各5時間)

[次の譜へ]

検索フォーム

  • ねっとde碁
  • ねっとde碁
  • 名人戦名局百選

囲碁グッズ

注目コンテンツ