メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

< 第38期名人戦挑戦者決定リーグ戦第27局  観戦記 >
黒 溝上 知親  八段   -   白 河野 臨  九段

 

大胆な新趣向

2013年7月25日

 今期の挑戦者レースは、いつもと様相が異なる。本局の打たれた6月20日の時点で、6戦無敗の張栩が大きくリードしているのは疑いないとしても、1敗の羽根直樹から2敗組の井山裕太、河野臨、高尾紳路の上位4人にも挑戦の可能性がある。半分以上のメンバーがリーグ終盤まで競り合うのは極めて珍しい。

 一方、下位4人のうち、すでに坂井秀至、結城聡のリーグ落ちが決まり、溝上知親も苦しい状況だ。しかし負けられないプレッシャーの中で、大胆な新趣向を披露してくれた。

 河野好みの白8に黒9と一間にシマり、白10の割り打ちに黒11とツメたところまでは近ごろよく見かける序盤である。黒13のコスミツケも白が二間ゆえ、常識的だろう。13ではほかに黒16とケイマでアオるのも時折打たれている。

 問題は黒15の大ゲイマだ。これが記者室のモニター画面に映し出されると、「びっくりだね」「初めて見た」と、午前中から騒がしい。15は1分の考慮時間なので、予定の行動だったか。なぜ黒Aの一間ではなく、大ゲイマなのか、局後溝上に問うと、「似た局面で前に一間をやったのですが、うまくいかなかったから」という。

 大ゲイマで気になる白Bの三々は、今なら黒Cとサガって戦うつもり。白16以下と強化されたあとでは、黒Dと譲歩することになる。

(春秋子)

 消費 黒:1時間6分 白:57分 (持時間各5時間)

[次の譜へ]

検索フォーム

  • ねっとde碁
  • ねっとde碁
  • 名人戦名局百選

囲碁グッズ

注目コンテンツ