メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

< 第38期名人戦挑戦者決定リーグ戦第30局  観戦記 >
黒 坂井 秀至  八段   -   白 羽根 直樹  九段

 

思い出せない

2013年8月15日

 前局で痛い2敗目を喫した羽根は、他力ながらリーグ優勝の可能性を残している。今月4日、2期連続挑戦のためには絶対に負けられない一局を迎えた。

 日本棋院中部総本部「祥雲の間」。羽根が盤を拭き清めた頃、坂井が対局室に姿を見せた。いつも測ったように1分前に着座するのが坂井のスタイルだ。こちらはすでに陥落が決まっているが、1勝だけで今期を終えるのはつらい。両者の気合がかみあったのか、序盤から難解な読み合いになった。

 右下黒11、13に白14のツケは最近の主流。黒15以下に羽根は白28とトンだ。難解な変化に進む要注意の一手。羽根は昨年の名人戦七番勝負でもこのトビを打っている。

 ここで坂井が黒29とオサえたのが珍しい。ノータイムでの決断だった。よくあるのは黒A、白B、黒C、白D、黒Eの進行だ。

 感想戦のやりとりがおもしろかった。解説の彦坂直人九段が「29とオサえた実戦例はあるのかな」と聞くと、坂井は「2、3回見たことあります。羽根さんも打たれたことがあったでしょ。高尾紳路さんとの本因坊戦リーグで」。ところが羽根は首をひねりながら、「全く忘れていました。きょう打たれても思い出せなかった」。

 坂井はその羽根―高尾戦を研究したときから打ってみたい手があったという。その構想とは。

(内藤由起子)

 消費 黒:25分 白:16分 (持時間各5時間)

[次の譜へ]

検索フォーム

  • ねっとde碁
  • ねっとde碁
  • 名人戦名局百選

囲碁グッズ

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】自宅で黒にんにくをつくろう

    通常1ヶ月の熟成期間を12日に

  • 写真

    【&TRAVEL】東京を盛り上げる豪華客船

    2020年に東京湾に入港〈PR〉

  • 写真

    【&M】低いノーズがくさび形を強調

    小川フミオの「世界の名車」

  • 写真

    【&w】一目で義理とわかるチョコ

    はじまりの場所

  • 写真

    好書好日多様な命を育むマサイマラ

    藤巻亮太が見た野生動物の王国

  • 写真

    WEBRONZA橋本治は「体」の人だった

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンオーデマ ピゲ個性的な新作

    四半世紀ぶりの新コレクション

  • 写真

    T JAPANフレンチと日本酒の新たな出会い

    一ツ星シェフ流のペアリング

  • 写真

    GLOBE+絶景に場所取りはつきもの

    詩歩さん連載

  • 写真

    sippoこれで愛犬もかわいく変身

    100均の意外な人気商品

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ