メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

< 第38期名人戦七番勝負第4局  観戦記 >
黒 山下敬吾  名人  対   白 井山裕太  挑戦者

 

注文をはずす

2013年11月22日

 第3局、両者は大きなミスがあった。読者の皆さんも驚かれたのではないか。

 特に負けた名人のほうがダメージが残っただろう。棋士は誰もがいい棋譜を残したいと思っている。ただでさえミスはつらいのに、あんな単純なダメ詰まりに気づかなかった。極限状態では信じられない悪手を打ってしまう。名人も人の子だと思った。第3局からおよそ2週間。気持ちの切り替えができただろうか。

 名人1勝のあと挑戦者が連勝して迎えた第4局の舞台は、福岡市中央区の高台にある「アゴーラ福岡山の上ホテル&スパ」。緑に囲まれたホテルの対局室からは市街地が見下ろせる。

 10月9日午前9時、立会人の大竹英雄名誉碁聖が開始を告げる。名人は口元にぐっと力を入れ、20秒ほどたってから、第一着を打ちつけた。

 今年、名人の黒番二連星は珍しい。黒を持った時はほとんど、星と小目を組み合わせる布陣だった。流れを変えたいという思いの表れだろうか。

 挑戦者は白2、4と向かい小目を選ぶ。

 白6のツケに対し、黒はAからナダれるのではなく、素直に7とオサえた。左下へのカカリが大きいからだ。

 黒9のカケツギに手を抜き、白は10のシマリへ。「黒の注文をはずしましたね」と解説の高尾紳路九段。

(内藤由起子)

 消費 黒:27分 白:19分 (持時間各8時間)

[次の譜へ]

検索フォーム

  • ねっとde碁
  • ねっとde碁
  • 名人戦名局百選

囲碁グッズ

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】気になったら即吸引!

    超スリムスタイルの掃除機

  • 写真

    【&TRAVEL】「赤い宝石」を狙って海へ

    太公望のわくわく

  • 写真

    【&M】「白岩玄×武田砂鉄」対談

    会社で守られる男のプライド

  • 写真

    【&w】夢とテレパシーは関係ある?

    野村友里×UA 往復書簡

  • 写真

    好書好日20年ぶり、日本映画に参加

    ワダエミ、衣装に込めた思い

  • 写真

    WEBRONZA改憲で自衛隊員は増えるか?

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン10年付き合える服とは?

    ゆとり世代が作る「10YC」

  • 写真

    T JAPAN『女王陛下のお気に入り』に主演

    女優エマ・ストーン独占インタビュー!

  • 写真

    GLOBE+歌姫のタトゥーに学ぶこと

    サンドラ・ヘフェリンさんの眼

  • 写真

    sippo犬猫のためのボランティア

    活動いろいろ、無理せずに

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ