メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

第39期囲碁名人戦挑戦者決定リーグ 5日開幕
打ち盛りずらり 混戦予感
安定感光る河野/勢いがある山下/精神面成長の村川

2013年12月4日

写真リーグ戦の展望について話す(左から)石田秀芳二十四世本因坊、下坂美織二段、金秀俊八段=東京都千代田区、西田裕樹撮影

 井山裕太名人(24)への挑戦権を争う第39期囲碁名人戦挑戦者決定リーグ戦(朝日新聞社主催)が5日、開幕する。トップ棋士9人が、来年8月まで熾烈(しれつ)な戦いを繰り広げる。今期は、四天王ら30代の打ち盛りがシード上位にずらりと並ぶ。開幕を前に、石田秀芳二十四世本因坊、金秀俊八段、下坂美織二段が挑戦権争いのゆくえを予想した。

 

 ――出場者は、前名人の山下九段と前期残留5人、予選を勝ち抜いた復帰3人をあわせた計9人。平均年齢は33・8歳(前期32・6歳)です。

 石田 40代の2人復帰で少し上がった。名人経験者は山下さん、張さん、高尾さんの3人。羽根さんを加えた四天王が全員上位にいる。井山さんにやられているとはいえ、さすがですね。

 下坂 四天王中心の戦いになる感じがします。

 金 5時間の対局で安定した力を発揮している人たちばかり。特に上位5人はそうですが、なかでも河野さんは相当、内容がいい。

 ――河野さんが有力候補ということですか?

 金 最近の河野さんは、いつタイトルをとってもおかしくない状態にある。今年の碁聖挑戦は井山さんに2連勝3連敗で失敗したけれど、碁は悪くなかった。

 下坂 棋士のなかでも群を抜く勉強家です。

 石田 確かに河野さんが一番安定感があるね。あとは、最終戦やプレーオフなど、大一番に弱いという部分を克服できるかだ。

 金 大一番に強いといえば山下さんです。

 下坂 私は山下さんが本命。10月に名人を失冠したが11月に棋聖挑戦者になった。上位5人の中で最も勢いがあると思う。井山さんへのリベンジに燃える一番手。井山さんから七番勝負でタイトルを奪ったこと(第36期名人戦)があるのは山下さんだけです。

 石田 四天王は全員がタイトルを失い、呼称が「九段」になった。前期七番勝負の山下さんには「最後の砦(とりで)」のような雰囲気を感じた。らしくないミスを連発して負けたけれどそこは修正してくるはず。棋聖戦七番勝負と時期の重なる1、2月のリーグを乗り切れれば山下を推したい。つまずくようなら河野さんかな。やはりシード順位が大きい。

 ――張九段、羽根九段、高尾九段については?

 金 張さんには以前のような圧倒的な強さは感じない。最近、棋聖戦リーグで陥落した。いまはあまり充実しているとはいえない。

 下坂 でも張さんは8人全員に勝ち越しています。

 石田 気がつかないうちに白星を重ねて、ささっと抜け出てくるのが羽根さんなんだよね。ただ、今年の成績はあまりよくない。

 金 僕は河野さん、高尾さん、山下さんのうちの誰かが挑戦者になると思う。本命を1人には絞れません。河野さんは高尾さんに対して苦手意識が強かったと思うけれど、2月の高尾戦に勝てれば行けるような気がする。高尾さんはいま、河野さんに次いで碁のレベルが高いと感じます。

 石田 夏の本因坊戦を見ていて、高尾さんのたくましさ、ずぶとさを感じた。いずれにしても、上位5人から挑戦者が出るだろう。

 ――今年、井山さんからタイトルを奪った結城十段の名前が挙がりません。

 金 名人戦リーグの連敗記録(第36〜38期に16連敗)をつくったんですね。リーグ落ちして、毎回、すぐに戻ってくるのはすごいけれど、さすがに本命には推せません。

 ――上位5人に対抗できるとすると?

 金 村川さんでしょう。もともと力はあったが、前期、初めてのリーグで自信がついたようです。精神的にも強くなった。

 石田 村川さんの好調は、同じ関西在住の井山さんに刺激されたところもあるだろう。ダークホース的な存在。上位陣との戦い次第では挑戦者になってもおかしくはない。

 ――柳九段は11期、黄八段は6期ぶりの復帰です。

 金 柳さんは以前、三大棋戦のすべてのリーグに入っていました。

 石田 20代でタイトルを何度も取った。その後、自信が揺らいだ時期があったのかもしれない。久々の出場で、そういうものが修正されたかを見たい。

 下坂 黄さんは、同期の井山さんとライバルといわれてきた。心に期するものがあるはず。若手に勢いが出てきているので、村川さんと黄さんにも十分にチャンスがある。

 ――何勝何敗での挑戦者決定を予想しますか。

 石田 全勝はない。7勝1敗なら単独優勝ですね。

 金 いえ、このメンバーだと1敗を維持するのだって厳しいですよ。

 石田 6勝2敗でプレーオフというのが相場か。

 下坂 そうですね。見ているファンにとっても、もつれた方がおもしろい。
(構成・伊藤衆生)

検索フォーム

  • ねっとde碁
  • ねっとde碁
  • 名人戦名局百選

囲碁グッズ

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】開放型に脚光再び!

    快適イヤホン生活

  • 写真

    【&TRAVEL】僕の本質はインスタで表現

    連載「原田龍二の温泉番長」

  • 写真

    【&M】スマホで撮った写真は現実か

    最新機種が変える“写真”の意味

  • 写真

    【&w】いま音楽映画に酔いしれたい

    ART&MOVIE

  • 写真

    好書好日熱きボクサー時代を絵本に

    南キャン・しずちゃんの思い

  • 写真

    WEBRONZA自民党と北方領土の関係

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン日本人が知らないオレゴン

    観光客を魅了するわけとは?

  • 写真

    T JAPAN連載・この店の、このひと皿

    南インドの定食「ミールス」

  • 写真

    GLOBE+静かに白人が動いた

    中間選挙に見えた変化の芽

  • 写真

    sippoモデル・松島花さん

    保護猫の情報発信をする理由

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ