[PR]

 白64のツケは当然のさばき。白65とツグと黒64から攻められ、大苦戦に陥る。白74までは相場の進行だ。

 途中まで黒が打ちやすいと感じていた本木解説者は「平田さんは実戦でもいいと判断したのでしょう。ただ僕は、下辺で稼いだ白が少し盛り返したと思います」という。

 そして白76のツケが平田を襲う。対応が悩ましいのだ。「参考図の黒1、3と中央を地にするのが大きい。黒の確定地が多いので、どちらかといえば黒を持ちたい形勢です」と本木解説者。

 平田は積極的に黒77とノビる。ここで再び山下が白78、80と押した。黒79、81と上辺方面に進出されても、右上白は強いので大きな被害にはならない。2回の押しを打った山下の狙いは反対側、白82のツケにあった。

 局後、平田は「ツケられてちょっと……」と言葉を詰まらせた。

(伊藤衆生)

 消費 黒:2時間34分 白:1時間26分 (持時間各5時間)

[ 次の譜へ ]