【白3目半勝ち】289手完

棋譜棋譜画像(クリックすると拡大します)

[PR]

 黒169(10の二)など必死に食い下がった平田だが、コミを出すことはできなかった。

 白126(2の十五)と128(4の九)のコンビネーションがどうして決め手なのかは参考図が分かりやすい。実戦の進行を嫌って黒1とノビたとする。これには白2、4だ。黒5の生きはやむをえないが白6から12が成立。一例として、以下の痛快な結末を示しておく。

 それにしても、山下の「押し」は強烈な印象を残した。白44(5の十五)以下の4回の押し。形勢好転につなげた白78(12の九)と80(12の八)の押し。記者室で観戦した小松英樹九段は、いつの間にか白優勢になっている局面を見ながら、「押しているだけなんだけどね、ぐいぐいと。さすがだね」と感心していた。

 挑戦者候補に本命視される山下が力強く押しきった。

(伊藤衆生)

 消費 黒:4時間59分 白:3時間24分 (持時間各5時間)