[PR]

 「黒47が問題だったと思います」と伊田解説者。本手は下辺を安全にする参考図の黒1という。白2のコウ取りに黒3とオサえて隅を譲り(白4ツグ)、黒5とヒラいてゆっくりしている。「ただし、井山先生のことだから白2で3にマゲるくらいのことをやるかもしれない。続いて黒aに白2のコウ取り。これを名人は嫌ったのでしょう」と解説者はつけ加えた。

 黒49でも52のところにノビて図の形に戻すことはできた。しかしなぜか名人はボタンをかけ違えてしまった。そのわけは「(下辺の)基本死活をうっかりした」と、局後の感想戦で語ってくれて解明できた。うっかりの詳細は明日の譜で。

 黒51から53と左辺で好形を築き、一見すると、おだやかな局面のようだ。しかし白54と下辺のコウを取られ、頭の痛いことになった。といって黒53で下辺49の左にツグのもつらく、白Aにツメられ形勢はぱっとしない。

 さあ、問題の場面に差しかかった。

(春秋子)

 消費 黒:2時間39分 白:2時間27分 (持時間各8時間)

[ 次の譜へ ]