[PR]

 黒41が不可解な理由を山城解説者は、いかにも間に合わせだからという。

 「参考図の黒1のマゲが普通でしょう。白aには黒bとツケ、白cに黒dと切り違えてさばく筋です」

 黒1のとき、白2から4、6がこわそうだが、ダメが詰まったため、黒7のほうり込みが成立する。白8と取っても黒9から13でシチョウだ(10ツグ)。2は黒からも利いている。したがって黒1の前に黒2を決めてもいい理屈である。

 白42、44とツケノビられると、図のシチョウが成立しないから上辺の守りが必要。しかし同じ守るなら黒45ではなく、Aがまさる。これも解説者の「不可解」だった。45の考慮時間はわずか2分。いつもの羽根からは信じられない軽率だ。

 間に合わせの罪は白46の切りとなって表れた。白が厚くなり、いまや黒が攻められる立場に。それでも黒49が好手筋。白50で52のハネなら、黒54にハネ込み、白53、黒50と形をつくる要領である。

 白80が眼形を奪って厳しい。これ以降、両者の感想はなかった。羽根、あきらめてしまったのだろうか。

(春秋子)

 消費 黒:3時間1分 白:55分 (持時間各5時間)

[ 次の譜へ ]