[PR]

 前夜祭に多くのファンと囲碁界関係者が集まった。抱負を求められた挑戦者は思わぬ告白を用意していた。以前に中国語を習っていたが1週間でやめてしまったそうだ。「そっちのほうも勉強して交流できるようになりたいです。名人の応援が多いと思いますが、気にせずに頑張りたい」

 名人は中国語と日本語の両方であいさつ。故郷でタイトル戦を打てることについて「感無量」と表現した。「幸せを感じます。感謝の気持ちをうまく力に変えたい。芝野さんといい対局、盛り上がる碁を見せられるように頑張ります」

 名人は気持ちよさそうだ。白40、42とボウシの連打。前夜祭で高ぶった心の内をそのまま盤上に表現したように見える。黒43には白44。攻めながら地を確保する理想的な流れだ。これが挑戦者への圧力となったか。

 平田「黒45は彼らしくありません。白46、48で▲と段違いになってしまった。これを防ぐ意味で、黒45では参考図の1まで踏み込みたくなります」

 白2は怖くない。黒3にツケる調子がある。白2をaならもちろん黒bだ。実戦と違い▲と連帯感が生まれる。

(松浦孝仁)

 消費 黒:1時間3分 白:1時間3分 (持時間各8時間)

[ 次の譜へ ]