[PR]

 挑戦者が黒53とサガり、盤上の雰囲気は一変した。「白、難しくなった」とは解説の平田智也七段の表現。一手一手に迷いが生じる状態に陥ったらしい。

 白54以下、隅から策動し、黒59のハイを待って白60のノビへ。困難な状況の中で見せた名人の石運びはさすがと思った。隅の攻め合いを横目に、左辺の黒の大石を仕留めようとしている。

 挑戦者はどうしたか。名人の狙いは承知の上で黒61を決行した。白62にもあいさつせず、黒63と連打して△二子をもぎ取った。通常なら隅の白は攻め取りになるところ。それが種石を取ったため手入れは不要だ。白は左辺の黒の捕獲が勝利の絶対条件となった。

 名人はまず黒A、白B、黒Cを防ぐ必要がある。真っ先に浮かぶのは参考図の白1だ。

 平田「黒2、4でしのいでいます。白7と眼形を奪われたら黒8から14を決めて16と渡ればいい。左下の白が逆につぶれます」

 名人に妙手はあるのか。

(松浦孝仁)

 消費 黒:6時間56分 白:7時間19分 (持時間各8時間)

[ 次の譜へ ]