現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 囲碁
  4. 名人戦ニュース
  5. 記事

第35期囲碁名人戦最終予選 30人リーグ出場権争う

2009年8月19日

 第35期囲碁名人戦挑戦者決定リーグ戦への出場(3枠)をめざす最終予選が6日に開幕し、13日までに6局を消化した。前期リーグ落ちの小林覚九段、王銘エン(エンは王へんに宛)九段、張豊猷七段を加えた30人が、三つのトーナメントに分かれて戦う。

 小林のいる右ブロックは激戦区。2局を終え8強がそろった格好だが、山下敬吾棋聖をはじめ、8人全員が名人戦リーグ経験者だ。王の入った中央ブロックは河野臨九段が準決勝に進出した。羽根直樹本因坊のいる左ブロックは、張と18歳の志田達哉二段の対戦が組まれた。名人戦最終予選に二段の出場は初で、低段記録となる。11月中旬までに新参加3人が出そろう。

図

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内