現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 囲碁
  4. 名人戦ニュース
  5. 記事

囲碁名人戦、第1局が3日開幕 2年連続の顔合わせ

2009年9月2日

写真囲碁名人戦の前夜祭で花束を受け取る張栩名人(左手前)と挑戦者の井山裕太八段(奥)=2日午後6時50分、札幌市、吉本美奈子撮影

 張栩名人(29)に井山裕太八段(20)が挑戦する第34期囲碁名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)の第1局が3日、札幌市中央区の京王プラザホテル札幌で開幕する。2年連続の顔合わせ。張名人は3期連続通算5期目、井山八段は史上最年少での名人位獲得を目指す注目の七番勝負だ。

 開幕に先立ち、2日夜に同ホテルで前夜祭が開かれた。あいさつに立った井山八段は「全勝した名人リーグでは、納得のいく碁が打てた。成長した自分をお見せできるように頑張りたい」、張名人は「最高の舞台で戦えることはうれしい。名人の名にふさわしい対局ができるように頑張りたい」と抱負を述べた。

 立会人は石田秀芳(芳夫)二十四世本因坊。2日制で、持ち時間は各8時間。

   ◇

 対局の模様はアサヒ・コムの囲碁のページ(http://www.asahi.com/igo/)で速報します。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内