現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 囲碁
  4. 名人戦ニュース
  5. 記事

囲碁名人戦、20歳の井山八段が名人位獲得 史上最年少

2009年10月15日

写真張栩名人を破り、最年少で名人位を獲得した井山裕太八段=15日午後、静岡県熱海市のあたみ石亭、林敏行撮影

写真張栩名人(左)を破り、最年少で名人位を獲得した井山裕太八段=15日午後、静岡県熱海市、林敏行撮影

 第34期囲碁名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)の第5局は15日、静岡県熱海市のあたみ石亭で2日目が打ち継がれ、午後4時48分、挑戦者の井山裕太八段(20)が張栩(ちょう・う)名人(29)に176手までで白番中押し勝ちし、通算4勝1敗として名人位を奪取した。20歳での名人位獲得は、65年の第4期旧名人戦(読売新聞社主催)で林海峰(りん・かいほう)八段(現名誉天元)が記録した23歳を、44年ぶりに更新する史上最年少記録。囲碁界の七大タイトルの中でも最年少獲得記録となる。井山八段は同時に九段昇段も決めた。これも03年の張本因坊(当時)の23歳を抜き、最年少記録となった。

 就位式は12月11日、東京都千代田区の東京会館で。

 第一人者と次代を担うエースの2年連続の七番勝負。昨年、3勝4敗でタイトルにあと一歩届かなかった井山八段は、今期の挑戦者決定リーグ戦で8戦全勝を飾り、再び挑戦者に。迎え撃つ張名人は、この1年間にタイトルを三つ増やし、七大タイトル戦史上初の五冠王になっていた。

 勢いを増した両雄の対決は、第1局で張名人がきわどく半目勝ちを収めたが、第2局からは井山八段が4連勝。勝った4局は、中盤までに優位に立つ好内容だった。

 井山八段は大阪府東大阪市出身で石井邦生九段門下。12歳で日本棋院関西総本部所属のプロとなった。16歳だった05年、阿含・桐山杯全日本早碁オープン戦で優勝し、公式戦での最年少優勝記録を樹立した。これまでに、07年新人王戦、09年竜星戦を含め三つの公式戦に優勝している。七大タイトル戦では今回が初の栄冠となった。

     ◇

 井山新名人の話 苦しい碁が多かったが、粘り強く打てたのがよかった。昨年負けた悔しさを1年間持って戦ってきたので、うれしい。

 張名人の話 完敗だった。井山さんと打っていて、なるほどと思う手や予想を上回る手が多かった。自分は実力も体力も足りなかった。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内