現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 囲碁
  4. 名人戦ニュース
  5. 記事

囲碁名人戦挑戦権争いプレーオフへ 山下・羽根6勝2敗

2011年8月4日

 第36期囲碁名人戦挑戦者決定リーグ戦(朝日新聞社主催)は4日、最終戦を終えても優勝が決まらず、井山裕太名人(22)への挑戦権争いは、6勝2敗の山下敬吾本因坊(32)と羽根直樹九段(34)による8日のプレーオフ(同率決戦)にもつれ込んだ。プレーオフ決着は、6年ぶり14回目。

 5勝2敗の山下本因坊、羽根九段、結城聡天元の3人に絞られていた挑戦権レースは、この日、まず山下本因坊が直接対決で結城天元を下した。続いて羽根九段が半目勝負を制し、成績1位に2人が並んだ。

 山下本因坊には8年ぶり2度目の、羽根九段には初の名人挑戦がかかる。

 9人の総当たりで行われたリーグ戦はプレーオフを残して全日程を終了。リーグ落ちは林漢傑七段、坂井秀至碁聖、趙治勲二十五世本因坊の3人に決まった。

    ◇

 結果は以下の通り(左が勝ち、△先番、敬称略)。

 山下敬吾(6勝2敗) 中押し △結城聡(5勝3敗)

 羽根直樹(6勝2敗) 半目  △坂井秀至(2勝6敗)

△高尾紳路(5勝3敗) 中押し 林漢傑(3勝5敗)

△張栩(5勝3敗) 4目半 趙治勲(1勝7敗)

※全日程を終了した溝上知親は3勝5敗

関連トピックス

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介