現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 囲碁
  4. 名人戦ニュース
  5. 記事

井山名人3連覇なるか 囲碁名人戦第1局、9月1日開幕

2011年8月31日

写真:前夜祭で花束を贈られる山下敬吾本因坊(左)と井山裕太名人=31日午後、東京都文京区、松本敏之撮影拡大前夜祭で花束を贈られる山下敬吾本因坊(左)と井山裕太名人=31日午後、東京都文京区、松本敏之撮影

 井山裕太名人(22)に山下敬吾本因坊(32)が挑む第36期囲碁名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)の第1局が1日、東京都文京区の椿山荘で打たれる。名人が3連覇を果たすか、本因坊が初の名人位を獲得するか、注目の対決が始まる。

 名人戦が東京で開幕するのは17年ぶり。31日には前夜祭が開かれ、集まった約120人を前に山下本因坊は「名人戦は8年ぶりで、ずいぶんごぶさたしていた。井山さんと大舞台で打てるのが非常に楽しみ。新鮮な気持ちで盤に向かいたい」と抱負を語った。

 井山名人は「七番勝負は2日制で、じっくり考えられる。より深くいろんな手を考えて、打ちたいと思った手を常に打っていきたい」と決意を述べた。

 対局は2日制で、持ち時間は各8時間。立会人は石田秀芳(しゅうほう)二十四世本因坊。

     ◇

 対局の模様はアサヒ・コムの囲碁のページ(http://www.asahi.com/igo/)で速報します。現地大盤解説会は1日が午後2時、2日が午後1時半から。入場料は各1千円。

関連トピックス

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介