現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. エンタメ
  3. 囲碁
  4. 名人戦ニュース
  5. 記事
2012年11月20日15時40分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

最終局「信じて勝負」 初防衛の山下名人 七番勝負語る

写真:羽根直樹九段を破り、初防衛した山下敬吾名人=13日、甲府市、長島一浩撮影拡大羽根直樹九段を破り、初防衛した山下敬吾名人=13日、甲府市、長島一浩撮影

図:【第7局】山下―△羽根拡大【第7局】山下―△羽根

 第37期囲碁名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)を4勝3敗で制して初防衛した山下敬吾名人(34)にとって、今シリーズは「反省の多い」戦いだった。名人は何に悩み、どうやって勝利をつかんだのか。防衛から3日後の16日、改めて、挑戦者・羽根直樹九段(36)との激闘を振り返ってもらった。

 2カ月半に及ぶ戦いを終えた名人は、開口一番、「不完全燃焼のシリーズでした」と語った。さらに「第1局は遠い昔」と話し、防衛までの苦労をにじませた。

 8月下旬の開幕戦はまずまずの内容での勝利だったという。だが、中国で開かれた日中韓名人戦(9月9〜14日)に敗れ、帰国後に迎えた第2、3局で連敗する。

■流れを引き戻せず

 1勝2敗という数字以上に悩んだのは内容だった。「一局の碁で、流れが相手に行くということはもちろんあります。そこから流れを引き戻さないといけないのに、それがまったくできなかった。悪いなりにも、どこかでチャンスをつくらなければいけなかったのですが」

 悪手を打って負けるのとは違う、戦い方や構想にかかわる不振。「どうしていいかも分からなかった」という。他棋戦の対局がほとんどなかったこともあり、1カ月以上、勝利から遠ざかった。

 悪い流れを断ち切ったのは第4局の快勝だ。「正直ほっとしました。1日目から流れがよかったので得意の碁形になった。気持ちの上でも楽になりましたね」。第5局も、「隙はありましたが、おおむねよく打てた」という好局。3勝2敗として防衛が目前になった。

 ところが、一気に決めるつもりで臨んだ第6局は、一方的に押し切られた。「いけそうな碁形だと思っていたら急に手が出なくなった。封じ手の少し前のことですが、いまだにどう打つべきだったか分かりません」と語った。

■昨年の対局浮かぶ

 「終わったことはしょうがない」と気持ちを切り替え最終局に臨んだ。羽根九段との直近のタイトル戦は昨年の本因坊戦。その時のことを思い浮かべたという。「羽根さんはシリーズ後半に強いイメージがあって、実際、七大タイトル戦の最終局に負けたことがなかった。でも、あの時は僕が勝ちましたからね」

 しかし、布石で失敗し、形勢は「やけに悪かった」という。悩んだ末に選んだ封じ手白1(56手目)は、名人にとって今シリーズ最大となる62分の長考。「1日目は、まだ何が起きるか分からないぞ、と信じて戦っていた」という。

 白7の両ノゾキから11、13の出切りが「勝負をかけた」決断の仕掛け。名人防衛への強引な勝負手だった。

■なにかやらないと

 「白3と引いたあたりで、次に黒4と受けてきたら白7に行こうと決めていた。でもずっと迷ってはいました。うまくいかなそうだけれど、なにかやらないとしょうがないという覚悟でした」

 勝負手によって乱戦に持ち込むことに成功。「まだ苦しかったですが、だいぶ紛れてきた」と実感した。この後さらに中央付近で戦いを挑み、逆転に成功した。羽根九段が投了する数手前には、勝利を確信して「防衛」の2文字が頭をよぎった。「それで『いかん、いかん』って気を引き締めました」と話した。

 「数日たって、改めて良かったなと思いますが、やっぱり情けない。収穫なんてあるのかどうか。でも、あっさりと土俵を割った3戦(第2、3、6局)とは違い、最終局はちゃんと勝負をかけて戦った。自分でチャンスをつくろうと積極的に動くことができました」。最後の最後で攻める姿勢を貫き、虎の子のタイトルを守った。(伊藤衆生)

     ◇

■七番勝負結果

第1局(8/30、31)

○山下 中押し△羽根●

第2局(9/20、21)

●山下△中押し 羽根○

第3局(9/27、28)

●山下 中押し△羽根○

第4局(10/10、11)

○山下△中押し 羽根●

第5局(10/17、18)

○山下 中押し△羽根●

第6局(10/31、11/1)

●山下△中押し 羽根○

第7局(11/12、13)

○山下 中押し△羽根●

山下、4勝3敗で初防衛(△は先番)

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介
  • ねっとde碁
  • ねっとde碁
  • 名人戦名局百選

囲碁の本

第36期囲碁名人戦全記録

剛腕・山下敬吾本因坊が井山裕太名人を4勝2敗で破り、タイトルを奪取した七番勝負を観戦記で振り返る。ほか、挑戦者決定リーグ戦全37局(プレーオフを含む)の棋譜、朝日新聞紙上に載った記事や写真なども収録。

井山裕太20歳の自戦記

史上最年少で名人となった井山裕太名人の初の打碁集。名人奪取までに打った17局を自ら振り返る。坂田栄男、趙治勲、小林光一ら歴代名人7人が見た井山評も。

勝利は10%から積み上げる

囲碁界第一人者の張栩十段が、これまでの棋士人生で培われた、自らの勝負哲学を明かす。

powered by amazon

囲碁関連グッズ

第37期囲碁名人戦 記念扇子

初防衛を目指す山下敬吾名人と挑戦者・羽根直樹九段の揮毫入り。対局開催地と日本棋院だけで販売の限定品

囲碁って楽しい!

名人戦も囲碁ガールも!新しい囲碁の魅力に触れてみませんか?