アサヒ・コム

 

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

< 第29期名人戦挑戦者決定リーグ第12局 >
  先手 ●王立誠 十段     対   後手 ○王銘エン 九段

別ウインドウで開きます打ち手再現 | 使い方

棋譜
1〜25手

3週連続

 「ここ、初めてなんだよな」と王銘エンはつぶやきながら、いす席の特別対局室に入ってきた。和室なら対局者それぞれのためにポットが置いてあるが、ここでは給湯器でのセルフサービスになっている。お茶をすすりながら「国際戦ではみんなこうだからね」と話しかけてきた。王立誠は時間ぎりぎりまで部屋の外で待機してから、着席した。

 最近、銘エンには凝っている手がある。白6の二間高バサミに両ガカリされたときの、白8のボウシだ。なんと3週連続で試みている。初登場は三村智保九段戦。黒9、11のツケ切りのあと、参考図1の白1と下辺ハサミのあるほうからアテている。その4日後、小県真樹九段相手には、参考図2の1と反対からアテている。白3のアテに小県九段は黒4と切って応じた(7ツグ)。

 そして本局の立誠は、白14のアテに黒15とノビる。予想していたのか立誠の手が早い。ばたばたと白22まで、たった2分で新しい形が完成した。「互角でしょうが、からい白を持ってみたい雰囲気はあります」と解説の淡路修三九段。まだまだ進化しそうな形である。 [次の譜へ]

(内藤由起子)

2004年3月30日


関連情報

検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

囲碁ピックアップ

ねっとde碁

名人戦名局百選

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission