アサヒ・コム

 

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

< 第29期名人戦挑戦者決定リーグ第16局 >
  先手 ●山下敬吾 九段     対   後手 ○趙治勲 25世本因坊

別ウインドウで開きます打ち手再現 | 使い方

棋譜
51〜88手

余裕の修正

 石田章解説者が本局でいちばん気になった局面がここ。黒51にどんな返し技があるか。趙の長考を予感して、解説者はちょっと早い夕食へ。食事中もこの場面が頭から離れなかったらしい。とうとう電話で「どう打った」と聞いてきた。

 趙はいちばん平凡な白52のグズミを選んだ。期待はずれではない。37分間じっくり読みを入れた成果はこのあとの展開であきらかになる。その前に、白52の変化を確かめておこう。

 趙は参考図の白1で、7までの振りかわりを目指す予定だった。ポン抜きの方向が絶好で白に不満はないように思える。しかし黒8で右上は味よく黒地。これが採用をためらった理由だ。

 石田「白aが利けば白bなどの嫌がらせが効果的なんですが、黒に手を抜かれます。白cには黒d、白e、黒fで何事もありません」

 予定は変更したものの、趙の足取りは乱れない。白54、56のコンビネーションはさすが。上辺黒を脅しながらしのぎの調子を求めている。

 以下はざっと手順を追って欲しい。逃げながら右辺を白70から76と利かし、たどり着いた先の下辺では白地形成の重要な役割を果たしている。中央黒地もまとまったが、右辺から左下の白地にはとうてい及ばない。

[次の譜へ]

(松浦孝仁)

2004年5月4日


関連情報

検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

囲碁ピックアップ

ねっとde碁

名人戦名局百選

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission